ウクライナ避難民に無償で日本語指導 日本語学校団体

ノートと鉛筆

ロシアによるウクライナ侵攻をめぐり、全国約200の日本語学校が加盟する「全国日本語学校連合会」は7日、日本政府が受け入れを検討するウクライナからの避難民に無償で日本語教育を提供する方針を明らかにした。同日、文化庁や出入国在留管理庁にこうした支援策について文書で提案した。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、2月24日の侵攻開始からの10日間で、ウクライナから周辺国などに逃れた人は150万人を超えた。近隣諸国やEU加盟国などが受け入れの中心だが、岸田文雄首相は2日、日本でも受け入れる方針を表明。

連合会によると、加盟する日本語学校のうち協力を申し出た学校が生活に必要となる日本語や生活習慣などを教える。授業料は取らず、政府による費用負担も求めない。

参照:日本経済新聞

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター
ノートと鉛筆