日本のベトナム人留学生数6.2万人 前年比15.2%減

日本学生支援機構が発表した2020年度外国人留学生在籍状況調査結果によると、2020年5月1日時点での日本におけるベトナム人留学生数は6万2233人で、前年度の7万3389人と比べて15.2%(1万1156人)減少した。

ベトナム人留学生は、全留学生の22.3%(前年度23.5%)を占めており、出身国・地域別留学生数で前年度と同じく中国(12万1845人、構成比43.6%)に次いで第2位となっている。続く3位以下は、ネパール:2万4002人(構成比8.6%)、韓国:1万5785人(同5.6%)、台湾:7088人(同2.5%)、インドネシア:6199人(同2.2%)。

ベトナム人留学生の留学先は、高等教育機関が4万3791人、日本語教育機関(専修学校を除く)が1万8442人だった。

2020年度の留学生総数は前年度比10.4%(3万2617人)減の27万9597人で、このうちアジア地域からの留学生が全体の94.6%に当たる26万4420人、欧州地域が同2.8%に当たる7809人、北米地域が同0.7%に当たる2085人だった。

参照:VIET JO

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター