山梨県、多言語の防災ポータルサイトを開設!

山梨県は、外国人在住者や外国人旅行者向けに、災害時に必要な情報を提供する多言語の防災ポータルサイトを開設した。英語、中国語(簡体字と繁体字)、韓国語、インドネシア語、ポルトガル語、フランス語、タイ語の8言語ごとに個別ページを用意した。これまでは自動翻訳で多言語対応してきたが、直接翻訳して翻訳精度を高めた。フランスのソーヌ・エ・ロアール県とは姉妹県として交流しており、タイからの宿泊旅行者は中国や台湾に次いで多く、需要が高いと判断したフランス語とタイ語を新たに追加した。サイトで提供する情報も見直し、災害の規模や安全な場所、帰国する手段などの情報を提供し、避難所の場所のほか、そもそも避難所で得られるサービスは何かといった基礎知識の提供も検討している。県観光振興課は「外国人が安心して暮らしたり訪れたりできるよう、災害時の情報提供の改善を今後も続けていきたい」としている。

参照:日本経済新聞

The following two tabs change content below.
日本語教師 E

日本語教師 E

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で就業経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター