「SANKO日本語学校」ウクライナからの避難民へ 日本語教育の無償提供を申し出

勉強

学校法人三幸学園が運営する日本語教育機関「SANKO日本語学校」は、ウクライナから日本への避難民の方々に対し、日本語教育の無償提供・日本での生活支援を行うべく、出入国在留管理庁へ支援実施の申し出をした。

ロシアによるウクライナ侵攻開始から1ヵ月が経過し、国外に避難するウクライナの方々は350万人を超え、一部は日本国内でも受け入れが始まっている。

三幸学園でもウクライナからの避難民、これから避難してくる方々に対して、日本語教育という形で支援することとなった。1年間で10~20名の方を受け入れ、日本での生活や就労のために必要不可欠となる日本語能力、また、日本の生活文化の教育を提供し、将来的に日本での就労を目指す方には特定技能ビザ取得、就労のサポートまで行う。

また、生活面でも一人月額3万円程度の生活支援金を給付や、一般財団法人 共立国際奨学財団様のご協力のもと居住準備の支援を行う。

参照:PR TIMES

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター
勉強