日本語教師の平均年収って実際どのくらい?年収アップのための方法は?

「日本語教師の平均的な年収はどれくらい?」

「日本語教師未経験の場合、お給料はどれくらいもらえるの?」

こちらでは、主に初めて日本語教師として働こうと考えている方に向けて、お給料に関する様々な疑問についてお話します!

日本語教師にはどのような働き方がある?平均年収・給与はどれくらい?

まず「日本語教師として働きたい」と思った場合に、どのような場所で教えることをイメージしますか?

現在、日本語教師として活躍できる職場は実に多岐に渡っています。

日本語教師としての主な就職先の一覧を以下に挙げてみました。

・日本語学校で教える

・研修生・日系企業で働く外国人に対して教える

・大学院・大学で教える

・オンライン日本語教師として教える

・フリーランスとして教える

・海外の日本語教育機関で教える

上記の通り、様々な教育機関で需要のある日本語教師なのですが、ずばり日本語教師の平均収入はどれくらいなのでしょうか?

日本語教師の平均的な給与は、一般的に300〜350万円ほどと言われています。

しかしながら、上記の数字はどのような教育機関でどのような雇用形態で働くかにより、大きく上がったり下がったりします。

例えば、オンライン日本語教師として教える場合は、1コマ(1時間の場合)1000円ほどであったり、大学院や大学で教える仕事となれば比較的高く安定的な給与をもらうことができます。

資格、経験、学歴、希望の年収などから、自分に合う就職先を見つけることが大切です!

未経験から日本語教師になる場合の働き口は?平均年収や給与は?

「資格を取得していて日本語教師への転職を考えているけれど、経験がない」という方で日本語教師を本職として仕事にしていきたい場合は、まず日本語学校へ就職をする場合が非常に多いです。

そもそも日本語教師の主な就職先が日本語学校であり、求人数も他の教育機関と比べても圧倒的に多くなっています。

そして、日本語学校で働く場合には大きく分けて「専任講師(フルタイム)」と「非常勤講師(パートタイム)」の2つの雇用形態があります。

ここで重要になるのが、それぞれの給料についてです。

・専任講師  平均給与は月20万円ほど 年収は300〜350万円ほど    

・非常勤講師 平均給与は1コマ1500〜2000円ほど

このように見ると、フルタイムで働く専任講師の方が給料が高く安定しているのは一目瞭然なのですが、次では「未経験者が専任講師/非常勤講師として働くことのメリット・デメリット」についてお話しようと思います。

未経験の日本語教師は専任講師、非常勤講師のどちらを目指すべき?年収以外にここもチェック!

初めて日本語教師を目指す方は、専任講師と非常勤講師のどちらを目指すべきなのでしょうか?

それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

専任講師を目指す場合

実は、日本語学校の講師は多くが非常勤講師で成り立っており、未経験者にとっては初めから専任講師を目指すのは狭き門だと言えます。

しかし、非常勤講師と比較して専任講師になる圧倒的なメリットは「正社員として雇用契約が結べる」「安定した給料をもらうことができる」ことです。

年収としては、未経験から始める場合はだいたい新卒で就職した場合と同じくらいのイメージとなります。

「とにかく安定した給料が欲しい、安定は絶対的な条件」と考えている方は、初めから専任講師を目指すことをおすすめします!

反対に、専任講師だと週5日毎日授業を持つことになり、未経験者にとっては授業準備にかなり時間がかかるなど、慣れるまではかなりハードなスケジュールになってしまうでしょう。

すでに日本語教師として働いている人に尋ねると「初めは非常勤講師として経験を積んで、その後専任講師となるのが良い」という声も多く聞きます。

非常勤講師を目指す場合

未経験者として日本語学校へ就職する場合は、非常勤講師から始める人が多いです。

理由は、そもそも非常勤講師の求人が専任講師より多いこと、そして「未経験者可」としている専任講師の求人が少ないからです。

非常勤講師として働くことの最大のメリットは「授業準備に十分な時間を割くことができ、授業に集中することができる」という点です。

非常勤講師は、通常専任講師が行う事務作業やその他学校運営業務を行う必要がありません。

また、週に担当するコマ数を自分で決めることができます。

そのため、未経験者にとっては授業の一つひとつに専念することができるのです。

一方で、1コマ◯◯円という授業をした分だけ給与が発生するため、給料の安定という面では「生活を第一に考えたい」という方にとっては、なかなか厳しいかもしれません。

日本語教師という職業は、「教える経験を積み重ねる」ということが非常に大切になる職種ですので、日本語教師としてキャリアをスタートさせたい方はゼロから経験を積むということは避けられません。

その上で、就職を検討する際に自分がどうしても大切にしたい優先事項を考え、求人に応募をしましょう!

日本語教師として平均年収を上げる方法は?

やはり、あまり日本語教師として経験がない間は、なかなか満足できる給料を稼ぐことは難しいこともあるのが現実です。

そのような場合、「少しでも収入を増やしたい」また「将来的に年収を上げていきたい」と考えている方に向けて、いくつかの方法をご紹介します。

現状すぐに収入を増やしたいという方

・日本語教師の仕事を掛け持ちする(他校の非常勤講師、オンライン講師、など)

・日本語教育以外の副業をする(カフェでアルバイト、翻訳通訳の仕事、など)

将来的に年収を上げていきたい

・大学院で学び、大学院や大学の専任講師となる

・日本語学校で3年以上専任講師として勤め、主任になる

・フリーランスとして個人でビジネスをする(Youtubeや個人オンラインレッスンなど)

日本語教師の仕事だけでは経済的に不安定な場合でも、他の分野で複数の収入源を持つことができれば、安定してお金を稼ぐことも可能です。

また、長期的に見て日本語教師の分野で長く経験を積んでいくと、日本語教師としての仕事の収入アップも目指すことができます!

※現代の日本語教師は多様化しています!こちらの記事もぜひチェックしてみてください↓

【YouTube】日本語教師でYouTuber!メリット有名な人を紹介

【日本語教師求人の探し方】給与を見る際にはここに注意!

日本語教師の求人を検索してみると、非常に多くの求人数が出てきます。

その中で気になるのは、採用条件や待遇などではないでしょうか。

ここで待遇内容を確認する際に注意しておきたいことがあります。

「月収◯◯円、年収◯◯円」と記載されている内容を鵜呑みにするだけではなくて、以下のように「残業代は別途支給があるのか」なども合わせてきちんと確認をしましょう。

・「月収◯◯円以上〜」と記載されている場合は、経験数によって判断される

・「見込残業代」が記載されている給料に含まれていないか

・記載されている給料に加えて、残業代の支給はあるのか

・各種手当はどのようなものがあるか(日本語教育能力検定試験合格者に対する資格手当など)

一方で、特に初めて日本語教師になろうとしている場合「求人情報を見るだけでは、どの学校が自分に合っているのか分からない」「とにかく求人数が多くて絞れない」という方も多くいるのではないでしょうか。

そのような方には、転職活動のサポートをしてくれる「日本語教師キャリア」というエージェントがあります。

希望の年収や働き方によって求人を紹介してくれる、また給与交渉や面接のセッティングまで行ってくれるサービスです。

日本語教師への就職・転職活動は初めてという方には、安心して仕事を探すためにこのようなエージェントを利用してみるのもいいかもしれません。

【日本語教師の平均年収・給与事情】まとめ

・日本語教師の平均年収は300〜350万円

・主な就職先は国内の日本語学校

・未経験者は非常勤講師からスタートが多い

・「給料の安定」を優先するなら専任講師

・「授業に集中」を優先するなら非常勤講師

・収入アップの方法はたくさんある

・求人情報を見る際は、待遇内容をきちんと確認

The following two tabs change content below.
日本語教師 E

日本語教師 E

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で就業経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター