水際対策緩和に向け前向き検討 山際コロナ対策相「柔軟に対応」

空港の様子

今月末が期限の水際対策について、山際新型コロナ対策担当大臣は「柔軟に対応していく」と述べ、緩和にむけ前向きに検討していく姿勢を示した。

自民党和田義明衆院議員の「海外の実習生等々の海外の人材、こういった方々をこれから日本に入れるということにつきまして、前向きにご検討いただけないか」という問いに対して、山際大志郎新型コロナ対策相は、「結論から申し上げますと、検討はもうしてございます。2月末まではその骨格は維持していこうという話でございます。骨格ですから、いろんな工夫の余地はございますし、柔軟に対応できるようにしてまいりたいと思っております」と答えた。

山際大臣は「日本にとって必須の外国人の方の入国についてどんどん広げるという方向にある」と述べ、緩和に向け前向きな姿勢を示した。政府は、早ければ来週にもこの水際対策の緩和措置について方針を示す見通し。

参照:TBS NEWS

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター
空港の様子