外国人感染者を旅券番号で把握へ 1月下旬運用開始目指す

厚生労働省は、入国後に新型コロナウイルスへの感染が判明した外国人を把握するため、外国人の感染者の情報をパスポート番号で確認できる仕組みを整備する方針だ。

厚生労働省は、日本に入国する外国人に対し、検疫所で氏名や国籍などを確認し、情報システムに登録している。これまでは新型コロナウイルスの感染者情報を管理する新情報システム「HER−SYS」と独立していたが、厚生労働省は、2つのシステムをパスポート番号で紐づけて、情報を共有できる仕組みを整備する方針を決めた。

これにより、どの程度の外国人に、入国後、感染が確認されたかなどが分かるようになり、水際対策などを効果的に行えるとしている。厚生労働省は今月下旬の運用開始を目指していて、入国から28日以内に感染が確認された外国人のパスポート番号を「HER−SYS」に入力するよう保健所などに求める方針だ。

参照:NHK

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター