マイナンバーカードで 外国人の在留申請可能に 21年度中

上川陽子法相は6日の閣議後の記者会見で、2021年度中にマイナンバーカードを使って外国人の在留資格申請ができるようにすると表明した。本人がオンラインで手続きを完結できる。これまでオンライン手続きは外国人の所属機関などに限られていた。法務省は当初、本人確認に日本で暮らす外国人が持つ在留カードを利用する方法を検討していたが、マイナンバーカードの普及を後押しするため、在留資格の手続きでも使えるようにする。

参照:日本経済新聞

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター