愛知県警が外国人向けに作成 かるたで学ぶ日本のルール 

愛知県警が日本のルールや文化、防犯対策を学べる外国人向けのかるたを作成した。札の内容は県内で暮らす外国人らから募集し、「みんなのかるた」と題して県警HPで公開している。

24日、愛知県豊田市の県立衣台高の教室で授業を受けたのは、同校に通う外国籍の高1生9人。夏休みの宿題として札の内容を考えて応募し、一部が採用された。「さわやかな朝 あいさつは おはよう!」の札を考えた中国籍の男子生徒(18)は「日本人は礼儀を重視する。毎日意識してあいさつしている」とうれしそうに話した。

かるたは、県警国際警察センターの与語俊樹警部補らが企画した。昨年5月、「日本語を学べてルールも分かるかるたはないか」と問い合わせを受け、募集を開始。寄せられた331作品から46作品を選び、年末に公開した。予算は全くかからなかったという。

愛知県内の在日外国人は年々増加し、事件の摘発例も増えている。与語警部補は「犯罪のために日本に来る人はいない。社会になじめず、孤立してしまうことが犯罪を生む」と指摘する。新型コロナウイルス感染拡大が収まれば、かるたの普及イベントも開催したいと考えており、「外国人は暮らしてきた文化が異なり、誤解を受けることも少なくない。かるたを通じて、日本社会への理解を深めてもらい、少しでも溝を埋めたい」と願っている。

参照:日本経済新聞

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター