東京武蔵野市「外国人の参加認める住民投票条例案 」自民保守系議員が反対声明

自民党のイメージ

東京武蔵野市の市議会に提出された「外国人の参加も認める住民投票の条例案」について、自民党の保守系議員グループは、外国人に対し参政権に準ずる国民の権利を安易に認めるものだとして、反対する声明を発表した。

武蔵野市が市議会に提出した住民投票の条例案は、「3か月以上市内で暮らす18歳以上の外国籍の住民にも投票権が与えられる」もので、来週、審議が行われる見通しだ。

自民党の山谷元拉致問題担当大臣ら保守系議員グループは9日、記者会見し、条例案について「外国人留学生や技能実習生も対象となり、外国人参政権の代替になり得ると懸念する声が相次いでいる」と指摘。その上で、「放置すれば全国の自治体に波及するおそれがあり、外国人に対し参政権に準ずる国民の権利を安易に認めようとする条例案には、明確に反対だ」と、反対する声明を発表した。

参照:NHK

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター
自民党のイメージ