文科大臣がメッセージ 日本留学を心待ちにしている留学生へ

文科省のイメージ

末松信介文部科学大臣が12月8日、文科省の動画チャンネルで「日本留学を心待ちにしていた留学生の皆さまへ」と題したメッセージを公表した。コロナ禍で政府が日本留学を制限してきたことで、不安を募らせていた海外の留学予定者に対し、政府として「歓迎」の意を示した。

政府は11月30日に変異種のオミクロン株の感染拡大の予防措置として、留学生を含む外国人の入国を1カ月間停止する方針を発表した。11月8日に「制限緩和」を打ち出したばかりの措置で、留学生などから失望の声が上がっていた。

留学生の受け入れを認めていないのは、先進7カ国(G7)では日本だけであり、日本留学を予定していた海外の学生が、日本留学を諦めて韓国や台湾などに留学先を変えるケースが相次いでいた。

こうした状況の中、末松文科大臣が政府としての考えをメッセージとして発信した。末松文科大臣は、「入国停止の措置は大変残念に思っている」とした上で、「入国を停止している間は、母国でオンラインなどを使いながら学習を進められるようにした」と述べた。

さらに入国が可能になった場合には、文科省として手続きの迅速化に全力で取り組む意向を示し、「皆さまが日本で安心して学ぶことができる日が来るまで、皆さまの学習環境を整えつつ、日本で皆さまにお会いできる日を心待ちにしている」と歓迎のメッセージを送った。

末松文科大臣の動画は、こちらのURLよりYoutubeにて視聴できます。

参照:文部科学省ホームページ

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター
文科省のイメージ