60歳から働きたい!シニア女性が活躍できる仕事【5選】仕事の探し方も合わせて紹介◎

シニア女性が活躍できる仕事

「子育てが落ち着いて、また働きはじめたい!」

「第2の人生として、新しい仕事にチャレンジしたい」

”人生100年時代”と言われるなかで、「60代から70代、80代まで、まだまだ働きたい」と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

こちらの記事では、上記のような方に向けて「60歳からでも女性が活躍できる、オススメの仕事」を5つご紹介します!

仕事内容や必要な資格、仕事の探し方もあわせてお伝えしますので、ぜひ最後までご一読ください◎

 

【今、シニア世代で働く女性が増えている!】

総務省統計局が出した『統計からみた我が国の高齢者』の労働調査によると、2019年の高齢者の就業者数は892万人と過去最多となっており、16年連続で前年に比べ増加しています。

さらに、以下『高齢者の就業率の推移(2009年~2019年)』の女性のグラフを見てみると、60~64歳の女性は58.6%、65~69歳は38.6%、65歳以上は17.8%の割合で働いていることが分かります。

65歳以上は17.8%、70歳上でも11.8%が働いているという結果です。

就業者数の推移

※総務省統計局『統計からみた我が国の高齢者』より参照

上記のデータをもとに考えると、高齢期でも、働く女性の数は年々増えつづけていることが分かりますね!

とはいえ、60歳を境に非正規雇用の比率は上昇していき、なかなか仕事を見つけるのが難しくなるのも事実です。

そこでここからは、60代、70代も働きたい女性へ向けて、「60歳からでも挑戦できる、女性が活躍できる仕事」を紹介していきます!

 

【60歳から働ける!女性が活躍できる仕事①】日本語教師

日本語教師

世界の日本語学習者が増加し、人材不足により国内の外国人数も増えていくなかで、今後ますます重要な存在となっていくのが「日本語教師」の仕事です。

日本語教師は、50代60代から初めて目指す人が多く、女性が多い職場です。

どんな仕事?必要な資格は?

日本語教師は、一言でいうと「日本語を必要とする学習者に向けて、日本語を教える仕事」です。

学習者に日本語の文法や日本文化を教えたり、発音を訂正したり、会話の練習相手となったりするのが仕事です。

国際交流が好き、海外経験がある、日本文化を海外に広めたい、といった人におすすめです◎

日本語の学習者はさまざまな場所におり、学習する目的も多様であることから、日本語教師が活躍する場も多様化しています。

日本語教師が活躍できる場所

  • 日本語学校で留学生に教える
  • 企業で働くビジネスパーソンに教える
  • 技能実習生に教える
  • 外国人の児童に教える
  • オンラインで世界中にいる学習者に教える
  • 海外で現地の人に教える

日本語教師になるためには、以下3つのうち、いずれか一つの条件を満たす必要があります。

日本語教師になる方法

  • 大学にて日本語教育専攻または副専攻
  • 日本語教師養成講座(420時間以上)修了+大学卒業
  • 日本語教育能力検定試験合

社会人が目指す場合は、養成講座に通うか、検定試験合格を目指す人がほとんどです。

養成講座ってどんなことを学ぶの?家の近くに養成講座が受けられるスクールがあるか知りたい!という方は、以下から無料で資料請求ができますので、ぜひ利用してみてくださいね◎

//完全無料で資料請求//

検定試験について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて読んでみてください◎

【日本語教育能力検定試験とは?まとめ】受験予定or興味がある方必見!!

2020/8/3

 

仕事の探し方

先ほども述べたとおり、日本語教師が働く場所、教える学習者はさまざまであることから、どこで誰に教えるかによって、仕事の探し方は変わります

日本語教師の仕事の探し方

  • 日本語学校で留学生に教える場合 →  日本語教師専門の求人サイトや日本語学校のHPから探す
  • 技能実習生に教える       →  日本語教師専門の求人サイトや一般の企業求人サイトから探す
  • オンラインで教える       →  オンラインプラットフォームに登録する

登録することで国内海外の求人情報が受け取れる 「日本語教師キャリア」もぜひ利用してみてくださいね!

オンライン学習プラットフォーム「Preply」について解説!【副業で日本語教師!】

2021/4/27

【東京都内日本語学校で日本語教師に】経験談とおすすめ求人サイトなどを紹介!

2020/6/4

 

【60歳から働ける!女性が活躍できる仕事②】介護福祉士

介護福祉士のイメージ

超高齢化社会の日本で、今後ますます需要が高まるのが「介護福祉士」の仕事。

介護業界では、50代、60代以上の女性が多く活躍しているのも特徴です。

どんな仕事?必要な資格は?

介護福祉士は、介護を必要とする人の体に触れてサポートをする「身体介助」や、家事の手伝いをする「生活援助」介護者の家族に対して介護のアドバイスをしたりなどが主な仕事となります。

介護福祉士の主な就職先は以下となります。

介護福祉士の主な就職先

  • 老人ホーム
  • デイサービス
  • 介護ホテル
  • 訪問介護

介護福祉士として働くためには、国家資格である『介護福祉士』に合格する必要があります。

仕事の探し方

介護士の仕事は、介護士専門の転職サイトで探してみましょう。

「きらケア」は介護業界最大手で、掲載求人数もトップクラスを誇るオススメのサイトです。

 

【60歳から働ける!女性が活躍できる仕事③】事務職

事務作業のイメージ

「パソコンスキルがある」「人とコミュニケーションを取るのが苦手」といった方にオススメなのが、事務職の仕事です。

バックオフィスでの仕事が主となるため、体力的に負担が少なく、長く働き続けやすいのが特徴です。

どんな仕事?必要な資格は?

事務職の主な仕事は、書類作成、書類整理、データ入力や電話応対などがあります。

ですが、事務職には一般事務、貿易事務、経理事務、医療事務、調剤薬局事務など、非常に幅広い職種がありますので、どの事務職に就くかによって業務内容も変わります。

自身のスキルと興味に応じて、どの職種の事務職に就くのかを決めましょう◎

事務職の仕事をするためには、かならずしも必要な資格はありませんが、人気の事務関係の資格は、「医療事務」や「調剤薬局事務」です。

これらの資格は、高齢化社会の中で医療の需要が高まっていくことで今後も必要とされている職種であること、就職先となるクリニックや薬局はどこにでもあるため、働く場所の自由度が高いことから、多くの人が取得する資格となっています。

仕事の探し方

事務職の仕事は、一般求人サイトで探したり、フリーランスとして仕事を請け負いたい場合は、「フジ子さん」などのオンラインアシスタントを募集している「クラウドソーシングサイト」に登録する方法があります。

 

【60歳から働ける!女性が活躍できる仕事④】軽作業

倉庫のイメージ

「スキルがなくてもすぐに働きたい」という人にオススメなのが軽作業の仕事です。

どんな仕事?必要な資格は?

おもに製造業にて、梱包や加工、食材の下ごしらえなどが一般的な業務内容で、体力をあまり使わないため、長く働きつづけることができる仕事です◎

正確に素早い作業を行うことが求められることも多く、几帳面で手先が器用な人には向いているでしょう。

軽作業の仕事に就くためには、スキルや経験が求められることはほぼなく、誰でもすぐに働き始められることがメリットです。

仕事の探し方

軽作業の仕事は、一般的にパート・アルバイトの求人サイトから探すことができます◎

単発や短期間の求人もあるので、時間があるときだけ働くこともできます。

 

【60歳から働ける!女性が活躍できる仕事⑤】家事代行

家事代行

共働きの夫婦が増えてきた影響で、需要がますます伸びているのが「家事代行」の仕事です。

どんな仕事?必要な資格は?

家事代行とは、文字どおり「依頼主の自宅を訪問し、清掃や洗濯、料理などの家事全般を代行する仕事」です。

家事代行の仕事に就くためには、特に必要な資格やスキルはありません

ですが、家事の経験を活かすことができるため、「掃除が得意」「料理が好き」といった人にはオススメの仕事です。

また、一人で黙々と作業を進める形になるため、「人とあまり関わらない仕事がしたい」という人にも向いています◎

仕事の探し方

家事代行の仕事を探すには、「ベアーズ」などの家事代行サービス会社に登録する方法がもっとも一般的です。

大手の家事代行サービス会社では、求人紹介だけではなく、スキルアップの研修をしてもらえることもあります。

 

まとめ

以上が、「60歳から働ける、女性が活躍できる仕事」5つでした!

希望の働き方や興味に応じて、好きな仕事に挑戦してみましょう◎

60歳から女性が活躍できる仕事

  1. 日本語教師
  2. 介護福祉士
  3. 事務職
  4. 軽作業
  5. 家事代行

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター
シニア女性が活躍できる仕事