【県内初】香川・三豊に夜間中学開校へ 外国人が学ぶ場

香川県三豊市は19日、義務教育を十分に受けられなかった人や外国人らの学ぶ場となる夜間中学校を、2022年4月に開校する方針を発表した。夜間中学の設置は県内で初めて。今年4月には、全国初となる県立の夜間中学が徳島県と高知県で開校する予定で、四国では3校目となる。

山下昭史市長は「十分に教育を受けられなかったことによる貧困の連鎖を断ち切り、学びたいと望むすべての人に門戸を開放したい」と述べた。市在住の外国人は約1千人おり、日本語教育のニーズが高まっていることも背景の一つだという。市外からも希望があれば受け入れる方向で議論するという。

市教育委員会によると、戦前戦後に学校に通えなかったり、不登校などで欠席が多いまま中学校を卒業したりした人のほか、外国人の入学を想定している。学校など既存施設を活用する見通し。識者や県教委の担当者らでつくる検討委員会を3月にも立ち上げ、運営のあり方を協議する。

夜間中学をめぐっては、文部科学省が17年に、全都道府県に少なくとも1校を公立で設置するよう、16年に成立した教育機会確保法に基づく指針で求めた。この法は年齢や国籍に関わらず、希望者に就学の機会を提供するよう自治体に義務づけており、20年度は東京、大阪、京都、広島などの10都府県に計34校ある。

参照:朝日新聞

The following two tabs change content below.
伊藤えり子

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター