政府が日本語教育の推進に関する基本方針を閣議決定

政府は23日、外国籍の子どもたちへの日本語教育策などを定めた日本語教育の推進に関する基本方針を閣議決定した。

基本方針は、「外国籍の子どもの就学促進、学校への受け入れ体制の整備、日本語指導・教科指導、生活指導、進路指導等の充実のために必要な施策を講じる」となる。

具体的には、就学状況の把握や保護者への情報提供、教育に携わる教員の資質向上や外国人生徒に対するキャリア教育の試験、などの政策が盛り込まれている。

日本語教育の充実は国の責務だとし、この基本方針で提示された政策は法的根拠を持つ形で今後実行に移されていく。

参照:毎日新聞

The following two tabs change content below.
日本語教師 E

日本語教師 E

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で就業経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター