調査研究協力者会議が発足〜「公認日本語教師」制度創設へ

日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議が7月9日に発足した。この会議は、「公認日本語教師」の資格要件や登録制度などを検討するのが目的で設置された。初会合では、一部委員がオンライン参加し、会議はWEBで公開された。

日本語教師の資格制度に関して、「優れた日本語教師を養成し、日本語教育の質を高めること」との目的から、国家資格としての「公認日本語教師」創設案が打ち出されている。これは、国家資格がないと職に就くことができない業務独占とは異なり、資格がなくても日本語教師の仕事ができる名称独占となる。

今後、調査研究協力者会議は公認日本語教師の制度設計の詰めの作業を行い、文化庁は来年の通常国会に法案を提出したいという。

参照:JIJI.COM

文化庁HP:日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議(第1回)

The following two tabs change content below.
日本語教師 E

日本語教師 E

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で就業経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター