東京入管に「爆破予告」6月12日の業務は停止に

法務省東京入国管理局の管理するメールアドレス宛に「入管が外国人を虐待しているから」という理由で、6月12日15時30分に「入国管理局」を爆破し、職員へ危害を加えることを予告するメールが寄せられた。これをもって東京出入国在留管理局は6月12日の窓口業務等を終日中止となった。

尚、これに際して6月15日(月)から、入管の建物に入る時、金属探知機で危険物の持ち込みがないかの確認と、来管者の荷物の中身を1人1人確認することも開始。テロ対策で建物のゴミ箱も一時的に撤去されている様だ。

参照: 出入国在留管理庁

The following two tabs change content below.
日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。