コロナ影響で帰国困難な外国人の就労措置 見直す方針

法務大臣

新型コロナの影響で、帰国が困難になっている外国人の生計を支援するため、就労ができない在留資格の外国人にも一時的にアルバイトなどを認める措置について、古川法務大臣は感染状況などを踏まえ見直す方針を示した。

新型コロナの影響で帰国困難になっている外国人の生計を支援するため、出入国在留管理庁はおととしから、就労ができない在留資格の外国人にも一時的にアルバイトなどを認める措置を実施してきた。

これについて古川法務大臣は、感染状況や外国人の出入国者数が増えていることなどを踏まえ見直す方針を示した。具体的には、31日付けでこうした措置を終了する一方、対象となった外国人が帰国の準備を行えるよう、在留期限に応じて在留期間の一定の更新を認めるということだ。

参照:NHK

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター
法務大臣