首相、水際対策「2月末まで」 留学生は対応検討中

新型コロナウイルス

岸田文雄首相は11日、外国人の新規入国の原則停止を柱とする新型コロナウイルスの水際対策は「2月末まで現在の骨格を維持する」と表明した。外国人の入国を念頭に「人道上、国益上の観点から必要な対応をする」と述べた。ワクチンの3回目接種も加速し、一般への接種を早める。

水際対策について、政府は骨格を維持する半面、南アフリカなどから在留資格を持つ外国人が原則日本に再入国できない措置は緩める。松野博一官房長官は11日午前の記者会見で「人道的な配慮も必要で、認める」と発言した。留学生の入国は「対応を検討している」と触れた。

ワクチンの3回目接種は、自衛隊による大規模接種会場の再設置などを通じて自治体の取り組みを後押しすると強調した。高齢者接種に関し「900万回分の未使用ワクチンを活用してさらに前倒しする」と説明した。

3月以降は米モデルナ製のワクチン1800万人分を活用し、一般への3回目接種を早める方針を示した。これまで対象外だった12歳未満の子供へのワクチン接種は「希望者にできるだけ早く開始する」と述べた。

参照:日本経済新聞

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター
新型コロナウイルス