留学生受け入れ再開 すぐ入国できる?入国までのプロセスは?

空港

11月8日から政府は、留学生をはじめとする外国人の新規入国を一定の条件をもとで緩和した。日本への留学を希望し、海外で待機する外国の人たちは、およそ14万7000人おり、順次日本に来ることになる。

一方で、新規入国の条件が緩和されたからといって、留学生はすぐに入国できるわけではない。

まず大学や日本語学校などの受け入れ先が、所管する省庁の「事前審査」を受ける必要がある。「事前審査」は、日本への留学を希望して待機してきた期間の長い人から申請することになっており、留学を希望する外国の人たち全員がすぐに申請できるわけではない。

「事前審査」の際には、所管する省庁に最大14日間、留学生が待機する施設などの住所や待機中の行動予定を記入した「活動計画書」などの提出が求められている。

「事前審査」を通過したら、所管省庁から審査を済ませたことを証明する書類が交付される。留学を希望する人たちは、こうした書類を持って現地の領事館などに行ってビザを発給してもらい、日本に入国できるようになるという流れだ。

一方で、政府は現在、日本に1日に入国できる人数を、日本人の帰国者、ビジネス目的の短期滞在者、技能実習生、留学生などすべて合わせて3500人に制限している。11月26日から上限を5000人に引き上げると発表したが、留学を希望する人たちだけで14万人を超えていて、多くの人たちは引き続き待機せざるをえないとみられる。

参照:NHK

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター
空港