【2022年】外国人人材向けのオンライン日本語教育サービス10選

オンライン日本語教育サービス10選

今回は、「外国人スタッフの日本語教育のために、オンライン日本語教育サービスの利用を検討している」という方に向けて、2022年最新の情報をもとに「外国人人材向けのオンライン日本語教育サービス10選」を紹介します。

  • どの日本語教育サービスが良いか、多すぎて選べない・・
  • 何を基準にして選んだらいいか分からない・・
  • 各教育機関/会社の授業形態、料金、スケジュールなどをまとめて比較したい!

上記のような方はもっとも適した日本語教育サービスが選べるよう、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

外国人人材向けオンライン日本語教育サービス選びの基準

教育機関を選ぶ基準

国内で働く外国人が増えていることもあり、外国人人材向けに日本語教育サービスを実施している教育機関はたくさんあります。

そんな中、さまざまな会社に目移りしてしまい、なかなか1社に絞るのが難しいという方も多いでしょう。

そこで会社選びの際には、以下の基準を意識してみましょう。

会社選びの基準
  • 到達目標に対して、サービスの対象レベルやコース内容は適切か?
  • 外国人スタッフが確保できる時間と授業のスケジュールが合うか?
  • 予算に見合った費用で受講ができるか?
  • 実績のある信頼できる教育機関かどうか?

上記4つのポイントを意識しつつ、「予算内で外国人スタッフが目標としている日本語レベルに到達できるか?」を検討してみましょう。

外国人人材向けオンライン日本語教育サービス10選

外国人人材向けオンライン日本語教育サービス10選について各教育機関の特徴や費用についてまとめました。

国際日本語研修協会(IJEC)日本語研修

国際日本語研修協会(IJEC)は、特定非営利活動法人として外国人日本語学習者や日本語教員、日本語教育関連機関などに対して支援活動を行っている団体です。

国際日本語研修協会は、外国人・法人向けに日本語研修を実施しています。

特徴は、30年以上にわたってあらゆる目的、日本語レベルをもつ日本語学習者を受け入れてきたことから、日本語教育において豊富な経験をもつ団体であること。

さらに、企業だけではなく自治体・各省庁からも、10年以上連続で日本語研修事業や学習コンテンツ事業を引き受けているという実績もあります。

確かな実績と経験のある機関に委託したいという方にはおすすめです。

受講形態 対面(出張)・オンライン 共に対応
対象者 あらゆるレベルの生活者、介護技能実習生、特定技能者、外国人スタッフ、高度人材
コース内容
  • 日本語レッスン(企業/個人)
    ●入門・初級コース (初級指導)
    ●JLPT対策コース (資格・条件取得)
    ●ビジネス日本語・マナー研修 (高度人材)
    ●特定技能試験対策 (海外・国内)
    ●生活のための日本事情 (来日前・来日後)
  • 介護施設・病院向けレッスン
    ●介護技能実習生、特定技能者向け外国人スタッフの日本語研修
    ●国家試験対策準備
受講期間 ※要問い合わせ
受講費用 ※要問い合わせ
URL https://kenshu-ijec.studio.site/

 

日本語オンラインスクール

日本語オンラインスクールは、「外国人社員がもっとイキイキと活躍できるような社会を作る」ことをミッションとして、日本企業で働く外国人社員を対象に「オンライン日本語教育」と「コーチング支援」を実施している企業。

2019年創業の比較的新しい会社です。

日本語オンラインスクールの特徴は、会話重視の授業展開であること、そして楽しみながら学べるようにモチベーションを管理したり、定期的に学習効果を測るための効果測定を実施している点。

さらに「6ヶ月で社内コミュニケーションがとれる日本語力」を目標設定に掲げているため、半年ほどの日本語研修を検討しているという方には特におすすめです。

受講形態 オンライン・eラーニング
対象者 企業に在籍する外国籍社員
コース内容
  • わかるビジネス日本語(初級者向け)
  • 日本語で働く! ビジネス日本語30時間(初中級者向け)
  • ビジネスのための日本語(初中級者向け)
  • 商談のための日本語(中級者レベル)
  • ロールプレイで学ぶビジネス日本語(上級者向け)
  • しごとの日本語 IT業務編
受講期間 50~70時間
受講費用 4,200円~(1時間あたり)
URL https://nihongo-jinzai.com/

 

アルクオンライン日本語スクール

アルクオンライン日本語スクールは、外国人向けの日本語教育に関して30年以上の実績のある「アルク」が運営しているオンライン日本語スクールです。

日本語教育に関する長い歴史と経験があるほか、このスクールでは「マンツーマン 1対1」のレッスンを徹底していることが特徴の一つ。

さらにコース展開も豊富であるため、目的に合ったレッスンのみをマンツーマンで受講したいという方にはおすすめ。

受講形態 オンライン(マンツーマンレッスン)
対象者 外国人社員、生活者
コース内容
  • 日本語入門20回コース
  • 日本語初級Ⅰコース
  • 日本語初級Ⅱコース
  • ビジネス日本語中級Ⅰコース
  • ビジネス日本語中級Ⅱコース
  • 一般ビジネス日本語20回コース
  • 一般ビジネス日本語10回コース
  • ビジネス電話応対コース
  • ビジネス敬語コース
  • ビジネスマナーコース
  • ビジネスメールコース
  • カスタマイズコース(JLPT対策等)
受講期間 1回50分 ※回数はコースによる
受講費用 1レッスン4,400円(税込)
URL https://nihongo.alc.co.jp/home

 

ISI日本語学校 オンライン日本語プログラム

高田馬場や池袋、京都などに日本語学校を展開しているのが「ISI日本語学校」。

校舎を構えた対面型教育のほかに、「オンライン日本語プログラム」も実施しています。

この学校の特徴は、学習者の日本語能力を最大限に伸ばす教育体制を整えた「ISI独自のメソッド」で授業を展開していること。

さらに、就職や起業、ビジネス日本語の習得を目指している人向けの授業から、完全カスタマイズ制の1対1のレッスンなど、あらゆる目的やレッスンスタイルに対応できる体制が整っています。

オーダーメイドのレッスン以外は固定の授業時間があるため、外国人社員のスケジュールとマッチするかどうかは事前に確認しておきたいところです。

受講形態 オンライン(マンツーマンレッスン/グループレッスン)
対象者 外国人社員、日本での就職・起業希望者
コース内容
  • 短期キャリア日本語(就職や起業を目指す人向け)
  • インテンシブビジネス日本語 (ビジネスシーンでの日本語力や会話力習得)
  • パーソナライズド・レッスン(1対1の個人レッスン、グループ単位、企業向けの団体レッスン)
受講期間 ※コースによる
受講費用 パーソナライズド・レッスン1回(45分) 6,800円~
URL https://www.isi-education.com/ja/course/online-program

 

内定ブリッジ 日本語研修

外国人材に対する日本語コミュニケーション教育の専門集団である「内定ブリッジ株式会社」が運営している日本語研修です。

外国人材向け日本語教育のほかに、外国人材受け入れ企業支援や外国人支援者向け研修などもおこなっています。

この会社の研修は、単に日本語を教えるだけではなく、日本の文化や価値観を外国人に理解してもらえるような内容になっていることが特徴の一つ。

さらに、高度人材、特定技能、技能実習と各在留資格に適した日本語研修を実施し、予算内で効果的に目標達成するためのプランを提案してもらえる点も、この会社ならではのポイント。

外国人社員に日本の文化や日本人の考えについても知ってもらいたい、最短で効率よく学べるようにアドバイスももらいたいという方にはおすすめです。

受講形態 対面・オンライン(マンツーマン/グループ)
対象者 高度人材、特定技能、技能実習
コース内容
  • 日本語ブリッジ ライブ型オンライン日本語レッスン
    毎週決まった曜日・時間に開講されるライブレッスンに参加。
  • 日本語ブリッジ オーダーメイド研修
    レッスン形態や時間、内容が自由に選べるコース。
受講期間 コース、レッスンによって異なる。
受講費用
  • 日本語ブリッジ ライブ型オンライン日本語レッスン:3,980円/月から
  • 日本語ブリッジ オーダーメイド研修:内容によって異なる
URL https://naiteibridge.com/

 

ヒューマンアカデミー日本語学校

教育事業を幅広く展開しているヒューマンアカデミーは、外国人社員向けの日本語研修もおこなっています。

留学生向けの日本語学校や、日本語教師向けの資格取得講座も開講しているなど、30年以上の日本語教育経験を持っているのがヒューマンアカデミーの強みです。

授業体制の特徴は、能力に応じたカスタマイズ研修であること予算に合わせて最適なプランを提案してもらえる点幅広い業界・業種に対応した授業が用意されている点です。

外国人スタッフのレベルや目標に合わせて、完全カスタマイズされた授業が希望の方にはおすすめです。

受講形態 オンライン(講師派遣、通学もあり)
対象者 外国籍社員、EPA候補生
コース内容
  • 外国籍社員向け
    ●一般日本語(初級・中級・上級)
    ●日本社会・文化対応
    ●ビジネス日本語
    ※業種に応じたカスタマイズも可能
  • EPA候補生向け
受講期間 ※HPに記載なし
受講費用 ※HPに記載なし
URL https://hajl.athuman.com/lp/business/

 

Global Langue

日本語のみならず、中国語、韓国語などの外国語の講師派遣をおこなっているのが「Global Langue」です。

日本語レッスンでは、研修担当者や技能実習生受け入れ業者向けに「外国人社員の日本語研修」をおこなっています。

Global Langueの特徴は、グループレッスンでお得な費用で受講ができる点と、オンライン受講以外に講師派遣という形でもレッスンが受けられる点です。(マンツーマンレッスンも可能)

何人かの外国人スタッフで一緒に受講を考えている、という方にはおすすめです。

受講形態 オンライン・講師派遣(組み合わせ可能)
対象者 外国籍社員、技能実習生、生活者
コース内容
  • ビジネス日本語レッスン(入門、初級、中級、上級レベル)
  • 初級日本語レッスンコース
  • 短期間ビジネスレッスン
  • ビジネス初中級コース
  • 日常会話レッスン
  • 子どものための日本語レッスン
受講期間 60分、90分、120分 ※回数はコースによる
受講費用
  • 60分 講師派遣:5955円/回 (税込6550円)
  • 90分 講師派遣: 8000円 /回(税込8800円)
  • 120分 講師派遣:10700円/回(税込11770円)
  • 60分 オンライン:4955円/回 (税込5450円)
  • 90分 オンライン:7000円/回 (税込7700円)
  • 120分 オンライン:9700円/回(税込10670円)
URL https://g-lang.co.jp/japanese/

 

Step Up Nihongo

Step Up Nihongoは、東京都千代田区にある語学研修所「International Communication Institute (ICI)」が展開しているeラーニングサービスです。

日本語初心者向けの「eラーニングコース」と、スカイプを通してインストラクターと学ぶ「オンラインコース」があります。

オンラインコースでは、ビジネスシーンに合わせた日本語が学べる「ビジネス日本語コース」があります。

日本語レベルに応じて、具体的なビジネス場面ごとに使える日本語が学べるのが特徴。

受講形態 eラーニング・オンライン
対象者 ビジネス日本語習得希望の学習者
コース内容
  • ビジネス日本語コース
    ●Business Japanese1:ビジネスのための日本語 ¥47,080
    ●Business Japanese2:商談のための日本語 ¥47,080
    ●Business Japanese3:実戦ビジネス日本語会話 ¥58,080
    ●Business Japanese email ¥16,500
受講期間 12〜70時間 ※コースによって異なる
受講費用 ※コース内容に記載
URL https://stepupnihongo.com/

 

Smart Habit にほんご

Smart Habit にほんごは、英語、中国語などの社内における語学研修サービスを提供している「株式会社WizWe」が運営しています。

「Smart Habit」とは、会社が独自に開発した「語学学習を習慣化」するためのプラットフォームです。

Smart Habitでは自分の学習目的に合ったeラーニングや会話レッスンを受けたり、語学学習にありがちな「途中で挫折してしまう」ということがないように、個別のメンターとやり取りもできます。

日本語研修プログラムである「Smart Habit にほんご」では、このSmart Habitと日本語学習コンテンツを組み合わせて学習を進めていきます

外国人社員に個別で学習を進めてもらいたい、途中で挫折することのないようにしっかりと学習を完了させてほしい、といった要望にぴったりなのが「Smart Habit にほんご」です。

受講形態 eラーニング
対象者 N5〜N3相当を目指している外国人社員など
コース内容 到達目標や要望に合った学習コンテンツとSmart Habitで日本語学習の習得を目指す。
受講期間 1日30分 ※期間についての記載はなし
受講費用 月額1万円〜/人
URL https://www.smarthabit.net/enterprise

 

JAPAN ONLINE SCHOOL

JAPAN ONLINE SCHOOLは、オンライン日本語学校や日本語教師向けのスキルアップセミナーを運営している会社。

オンライン日本語学校の特徴としては、有名企業をはじめとした豊富な実績があることや、「採用率6%」とも言われる一流の教師陣が揃っている点です。

さらに、24時間いつでも受講できる体制が整っているため、海外から受講したい方や自由な時間に受講を希望している方にはおすすめです。

受講形態 オンライン
対象者 外国人社員
コース内容
  • オンラインマンツーマンレッスン
  • ITビジネス日本語(動画コース)
  • 日本語ライティングコース
  • 日本語能力測定テスト
  • 異文化研修(日本企業文化研修)
受講期間 ※コースによって異なる
受講費用 ※受講費用の記載はなし
URL  https://www.jos-corp.com/top-jp

 

外国人人材向けオンライン日本語教育サービス【まとめ】

いかがでしたか?

こちらの記事では外国人人材向けオンライン日本語教育サービス10選をご紹介しました!

外国人人材向けオンライン日本語教育サービス10選
  1. 国際日本語研修協会(IJEC)日本語研修
  2. 日本語オンラインスクール
  3. アルクオンライン日本語スクール
  4. ISI日本語学校 オンライン日本語プログラム
  5. 内定ブリッジ 日本語研修
  6. ヒューマンアカデミー日本語学校
  7. Global Langue
  8. Step Up Nihongo
  9. Smart Habit にほんご
  10. JAPAN ONLINE SCHOOL

各サービスを比較して、到達目標や予算にぴったりの教育機関を選んでみましょう。

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

運営情報
関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター
オンライン日本語教育サービス10選