岐阜県の加茂高で 外国人生徒のキャリア教育 

「雇用の調整弁」として不安定な立場に置かれることが多い外国人労働者。その子どもたちも正規雇用の機会が限られ、非正規雇用の「再生産」が起きているとの指摘もある。外国人生徒が多い岐阜県立加茂高校定時制(同県美濃加茂市)はそんな連鎖を断ち切ろうと、将来を見すえた「キャリア教育」に取り組んでいる。

同校では生徒の社会的・職業的な自立に向け、日本語の能力向上や幅広い職業観の育成、将来設計のためのライフプラン講座、卒業生の講話などを組み合わせて、キャリア教育を進めている。さらに、日本語の能力・発信力の向上を目指す日本語プレゼンテーション大会のほか、3年前からはライフプラン講座も始めた。

これらの教育の狙いは、将来を見据えた長期的な生活設計を考えることや、正社員と派遣社員の違い、日本の社会保障制度などを学ぶこととしている。同校の進路指導主事、尾関清光教諭(39)は「生徒たちが正社員を目指す取り組みを進めている」。非正規で働く親の姿を見て、子どもも「それでいい」と思いがちであるが、「最近は正社員を目指す生徒が多くなってきた」と話す。

昨年10月にあったキャリア教育の一つ、進路ガイダンスに参加した1年生のルカス・ケンジ・タナカ・オリベイラさん(16)は日本生まれの日系ブラジル人。大型運転免許を取得し、非正規の仕事から運送会社の正社員になった父親を念頭に「正社員になり休日を取れるようになった」と話す。ガイダンスで奨学金のことも知ったが、「資格を取れば早く働ける。興味がある自動車整備士へのイメージがはっきりした。中学の時より勉強し、自分でお金をためて進学したい気持ちになった」と将来設計を描いている。

参照:朝日新聞

The following two tabs change content below.
伊藤えり子

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター