ベトナムで働くのに必要な労働許可証(ワークパーミット)とは?

みなさんは海外で働こうと思ったことはありませんか?

海外で働くためには、労働許可証(ワークパーミット)が必ず必要になります。これは、どの国で働こうと思っても必ず必要です。

今回は、ベトナムで働くための労働許可証について解説します。

労働許可証とは?

労働許可証とは、海外で働く際に必要な、就労が許可されていることを証明するものとなります。

この労働許可証がないと、海外で働くことはできません。

ベトナムの場合、労働許可証は各市・省の労働局や、工業団地、輸出加工区、ハイテクパーク、経済特区などの管理委員会から発給され、有効期限は2年間となっています。

労働許可証とビザの違い

労働許可証とビザには大きな違いがあります。

労働許可証・・・ベトナムで就労することを許可する証明書。これがないと働いてお金をもらうことは不可能

ビザ・・・ベトナムに入国・滞在することを許可する証明書。出入国管理局などが発給。

つまり、ベトナムで働くためには、労働許可証とビザの両方が必要になります。

労働許可証の取得条件

労働許可証には3つの種類があり、それぞれの条件は以下のようになっています。

となります。日本語教師としてベトナムで働く場合は、2の専門家に該当します。そのため、大学で日本語教育の学位を取得しており、3年以上日本語教師を経験している方がベトナムで働く条件を満たしていることになります。

しかし、実際にはこの条件に満たない人でもベトナムの労働許可証を取得することができます。この条件に満たない場合でも、あきらめずに行政書士やエージェントなどに相談してみましょう。

労働許可証の取得方法

ベトナムの労働許可証の取得の流れを以下でご紹介します。

労働許可証取得のために必要な書類

日本語教師がベトナムの労働許可証を取得するには、以下の書類が必要になります。

これらに加えて、4 x 6 cmの証明写真も必要です。

それぞれ早めに用意しておきましょう。

レジデンスカードとは?

労働許可証を取得すると、レジデンスカードを申請できるようになります。レジデンスカードは、ビザと同じようにベトナムに入国、滞在することを許可する証明証です。

レジデンスカードの期限は、労働許可証の有効期限に合わせて設定され、有効期間中はビザの取得が免除されます。つまり、レジデンスカードは長期間更新する必要がないビザだと認識して良いかと思います。

労働許可証の有効期限が切れた場合は、労働許可証の更新に合わせてレジデンスカードも更新します。

レジデンスカードの取得は、転職先や就職先の会社を通じて行います。個人で用意するのは、「パスポート原本」と「証明写真」のみです。その他に必要な書類は、会社側が用意します。

労働許可証の更新方法

ベトナムでの労働許可証の更新には、以下の書類が必要となります。

これらを会社に提出すれば、あとは会社が労働許可証の更新を済ませてくれます。

労働許可証の更新は、期限が切れる45日前から更新申請の受付開始になり、期限が切れる30日前には更新が終えている必要があります。

つまり、事前に必要書類を準備しておき、45日前になったらすぐに更新申請をしなければなりません。

この更新スケジュールを逃してしまうと、再度新規で労働許可証を取得しなければならなくなります。

ベトナム人の管理部門で管理しきれないこともあるので、更新の期限には注意しておきましょう。

The following two tabs change content below.
日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。