【通信教育で資格取得◎】ユーキャンの日本語教師養成講座!内容・費用・受講日程まとめ!

日本語教師養成講座を検討中だけど、たくさんありすぎてよくわからない…

実際のところどうなのか、講座の内容について詳しくしりたい

という方は必見です!

この記事ではユーキャンの日本語教師養成講座特徴費用など詳しくまとめています。講座の特徴やどんな人におすすめかについても載せていますので、ぜひ最後までご覧ください。

また「まずは資料を見てじっくり比較してみたい!」という方は日本語教師アカデミーがおすすめです。

自宅から近くの日本語教師養成講座の資料を一括で請求することができます!

//完全無料で資料請求//

ユーキャンとは?

まずは、ユーキャンについて説明します。

みなさんCM等でご存知の通り、ユーキャンは日本語教師養成資格取得講座のみならず、様々な資格を取るための通信教育講座を持っています。

公式のサイトには、

生涯学習のユーキャンは、「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに、役立つ資格から、趣味、実用講座などさまざまな通信教育をご紹介しています。

というキャッチフレーズがありました。

通信教育がメインなので教室等で授業を受ける必要のない自宅学習が可能な講座が用意されています。

ユーキャンの日本語教師養成講座の特徴は?校舎は?費用は?

ユーキャンの日本語教師養成講座は2018年に開設された比較的新しい講座です。

そんなユーキャンの日本語教師養成講座を一言で言うと、自分のペースでしっかり学べる試験対策講座です!

現在日本語教師として働くためには、以下の3つ(日本語教師ガイドライン)のうちのいずれかに当てはまる必要があります。

日本語教師として働くために必要な条件

①大学または大学院で日本語教育を主専攻または副専攻として修了
②日本語教育能力検定試験合格
③学士の学位を有し文化庁に届出が受理されている日本語教師養成講座の420時間単位時間修了

ユーキャンの養成講座は420時間の養成講座に対応しているわけではないので講座終了と同時に資格取得ができるわけではありません

そのため、ユーキャンの養成講座というのは、講座終了後に②の日本語教育能力検定試験を受験し、合格を目指すという講座となっています。

受講期間は?

受講期間に特に決まりはありませんが、ユーキャンでは無理なく着実に合格が目指せる期間として標準学習期間を8ヶ月に設定しています。

日本語教育能力検定試験は年1回、10月に実施されますので、その8ヶ月前あたりから始めることをお勧めします。

通学?通信?

ユーキャンは通信講座なので、教室に通わずに通信だけで講座の全てを受けることができます

しかし、ユーキャンの講座だけだと420時間の講座のように、実習や模擬授業などを行うことはできません。

そのため、まずは自分のペースで知識を身につけたい!

隙間時間で、試験勉強を効率よく行いたい!という人におすすめの講座です。

受講料は?内容は?

気になる受講料は

一括払い:59,000円(消費税込)

分割払い:4,980円 × 12回(12ヵ月)  総計:59,760円(消費税込)

教材内容は

メインテキスト5冊、試験対策問題集3冊、添削課題集1冊、DVD1巻、CD2巻、ガイドブック、添削関連書類一式 その他 ※添削回数は9回

となっております。

420時間の養成講座は50万円程度するところもありますから、それと比べるとおよそ1/10程度の費用で受けられますね!

他にもコースがある?

先ほども述べたように、ユーキャンの養成講座には420時間に対応するものはありません。

しかし、そのほかの技術を補える、日本語教師としてのスキルアップを目指せる講座がいくつかあるのでご紹介します。

・日本語検定(2,3級)対策講座

「日本語検定」は日本語力の向上を目的として実施される検定です。

敬語・漢字・語彙力などの習得に加え、コミュニケーション力や思考力といったさまざまな能力アップにつながります。

特に2級・3級は、大学入試の優遇措置や就職活動での評価につながり、また多くの企業が社員研修に導入するなど、注目を集めています。

一括払い:29,000

分割払い:2,980円×10回(10ヵ月)

 

・国語の常識講座

学業はもちろん、仕事から人付き合いまで、正しい国語の知識は幅広いシーンで必要となります。
当講座では、語彙・漢字・文法・文章・コミュニケーションと、国語を5つの分野に分けて基礎から学習。ビジネスや面接試験、プライベートにも役立つ、国語の総合力が身につきます。

一括払い:29,000

分割払い:2,980円×10回(10ヵ月)= 総計:29,800

特徴は?

ユーキャンの公式HPによると、日本語教師養成講座の特徴は3つあります!

過去の試験問題を徹底分析したテキストで効率学習!

ユーキャンのテキストは、経験豊富な日本語教育の専門家の全面監修でつくられているため、合格に必要な内容がわかりやすくまとめられています。

また、過去の試験パターンを徹底的に分析し、出題頻度が高い内容・分野を中心に選定しているので、合格に向けてムダなく学習が進められます!

 

添削課題が弱点の克服に、学習のペースメーカーにも!

分野ごとに取り組む添削課題(全9回)を目標に、学習のペースがつかめます。

詳しい解説や解答のコツなどの丁寧なアドバイスが受けられ、合格力アップがはかれます。

「総合実力診断テスト」は、添削課題にもなっており、着実な対策で自信をつけて試験に臨むことができます。

 

・充実の副教材で、初めて学ぶ方も安心!

「日本語教育能力検定試験」の音声問題や記述問題などの多様な出題形式にもしっかり対策できるテキストがついており、ムリなく得点力が身につきます。

また、記述問題は講師の人たちが解答のコツなどを的確に指導してくれます。

さらに、模擬授業等はできませんが、実際の授業のコツが学べるDVDもセットになっているため授業の様子を想像しながら学ぶことも可能です。

わかりやすい解説もあり、初めて学習する方でも授業や指導のイメージがつかめます。

 

ユーキャンの日本語教師養成講座がおすすめの人!

以上の特徴から、ユーキャンの日本語教師養成講座はこんな人におすすめです

  • 安い費用で日本語教師になるための条件を満たしたい
  • 自分のペースでじっくり苦手を克服していきたい
  • 自宅学習で資格取得を目指したい

反対に、以下の人にはあまりおすすめできません。

  • 講座終了後すぐに日本語教師としてはたらきたい
  • 実践的な日本語教育能力を身につけたい
  • 仲間と一緒に日本語教育について学びたい

いかがでしょうか?

ユーキャンの日本語教師養成講座はあくまで検定試験対策なので、模擬授業などで実践的な知識を多く身につけたい人や、仲間を見つけて頑張りたい人にはあまり向きません。

ですが、ボランティア等で実践的な経験を多く積んできて、より知識を身につけたい人や、自分のペースでコツコツ勉強したい人にはぴったりの講座となっています。

ユーキャン日本語教師養成講座【まとめ】

ユーキャンの日本語教師養成講座をまとめると、

  • 自分のペースで学べる試験対策講座
  • 実践よりも、とにかく知識を身につける
  • 420時間の養成講座よりも安い費用で、試験合格を目指す

となりました!

 

最後に、養成講座を選ぶ際に最も重要なことは、

インターネットの情報だけで選ぶのではなく、実際に学校見学に行ったり、養成講座の詳しい資料をみて自分で判断することです。

こんなはずじゃなかった!と後悔しないためにも。自分が続けられるのはどの養成講座なのか考えてから選ぶことをお勧めします!

まだ、どの養成講座にするか悩んでいるという人は、無料で近くの日本語教師養成講座の資料を一括で取り寄せられるサービスがあるので、ぜひこちらをご利用ください。

//【無料】日本語教師養成講座の資料を取り寄せて比較したい方//