外国人が日本語を勉強するプロセスについて、現役日本語教師が解説!

外国人が日本語を勉強するプロセス

「外国人はどんなプロセスで、どんな風に日本語を勉強するの?」

「日本語を外国人に教えることになったけど、何から教えていいか分からない!」

このようなギモンやお悩みをもっている方はいませんか?

こちらの記事では、現役日本語教師が「外国人がどのようなプロセスで日本語を勉強するのか」について、5つのステップに分けてご紹介します!

もちろん学習者一人ひとりの学び方や、誰が教えるかによって、勉強する順序は変わってきますが、参考にぜひご一読いただければと思います。

【外国人が日本語を学ぶプロセス①】文字と発音

ひらがな

日本語の表記は3種類「ひらがな・カタカナ・漢字」がありますが、まずは「ひらがな」と「カタカナ」から学習します。

はじめは「漢字」は習わず、ある程度学習が進んでから学びはじめることが多いです。

英語はアルファベットから、韓国語はハングルからといったように、「まずは表記から始める」という点は、すべての言語に共通していることではないでしょうか◎

「ひらがな」と「カタカナ」を学ぶ際には、文字だけではなく発音も同時に学びます

ひらがなの読み方はもちろん、日本語ならではの「長音」や「拗音」の存在についても触れます。

日本語の特徴的な発音

  • 長音:「おばあさん」を「おばさん」、「おじいさん」を「おじさん」と長く伸ばす音。「カド」「タクシ」などの外来語にある「ー」の音。
  • 撥音:「はたい」「し」「てき」など「ん」の音。
  • 促音:「ぶか」「ざし」「コプ」「ベド」など「っ」の音。
  • 拗音:ひゃく」「おちゃ」「びょういん」「シャツ」などの音。

【外国人が日本語を学ぶプロセス②】文法

ひらがな・カタカナの学習がおわったら、次は簡単な文法について学びます。

自己紹介で使えるような、簡単な文型からはじめます

最初に勉強する文法の例

  • 「〜は〜です」
    わたしは、マイクです。わたしは、ちゅうごくじんです。これは、本です。
  • 「〜は〜じゃありません」
    :わたしは、アメリカ人じゃありません。あれは、わたしの靴じゃありません。
  • 「〜は〜ですか」
    :ビルさんは、教師ですか。それは、キムさんの携帯ですか。

上記のような文型を学ぶと同時に、「こんにちは」「はじめまして」などの挨拶も勉強します

【外国人が日本語を学ぶプロセス③】数字・時間・曜日

数字

簡単な自己紹介ができるくらいのレベルになったら、つぎは「数字・時間・曜日」を覚えます。

特に「時間」を表す日本語については、「覚えるのが難しい」とよく言われています。

その理由は、数字と時間で読み方が異なるあものがあるからです。

たとえば、以下のような例があります。

ここが難しいと感じるポイント!

  • 4時(よじ)  → 数字では「4(よん)」と読む。
  • 7時(しちじ) → 数字では「7(なな)」と読む。
  • 「分」の読み方  → 1分(いっぷん)、2分(にふん)、3分(さんぷん)のように、「いち」を「いっ」、「分」を「ふん」「ぷん」と呼んだりと、不規則な発音になる。

【外国人が日本語を学ぶプロセス④】形容詞

つぎに、「美しい」「きれいだ」「おいしい」といった形容詞を勉強します。

外国人が日本語を学ぶ際、「形容詞には、2つの種類『い形容詞』と『な形容詞』がある」というように習います。

「い形容詞」は、名詞の前につくときに「い」で終わる形容詞

(美味しご飯、寒日、おもしろ人)

「な形容詞」は、名詞の前につくときに「な」で終わる形容詞

(きれい街、穏やか時間、静か場所)

なぜこのように分類されるのかというと、「い形容詞」か「な形容詞」かによって、活用が異なるからです。

い形容詞 な形容詞
否定形:〜くない
(例:おいしくない)
否定形:〜じゃない
(例:しずかじゃない)
過去形:〜かった
(例:おいしかった)
過去形:〜だった
(例:しずかだった)

【外国人が日本語を学ぶプロセス⑤】動詞の活用

つづいては、動詞の活用についてです。

動詞の形には、「行く」「行きます」「行った」といったようにさまざまな形がありますが、扱うテキストにもよりますが、一般的に「行きます」という「ます形」と呼ばれる形から勉強します

そしては、外国人の学習者は、まず最初に「動詞には大きく3つのグループがある」ことを学びます。

グループによって否定形や過去形などの活用の仕方が変わってくるため、まず動詞の分類について習う必要があります。

動詞グループの分け方

  • Iグループ
    :「〜ない」という形にしたときに、「ない」の直前が「あ段」になる動詞

    例:話す(話ない)、行く(行ない)、書く(書ない)
  • IIグループ
    「〜ない」という形にしたときに、「ない」の直前が「い段/え段」になる動詞。
     例:見る(ない)、寝る(ない)、食べる(食ない)
  • Ⅲグループ
    :「来る」と「する」の2つの動詞。

日本語ネイティヴなら、「〜ない」という形にしたときに、その動詞がどのような形になるかが判断できますが、外国人学習者は、もちろん分かりません。

そのため、外国人学習者が「どの動詞がどのグループに属するかどうか」は、以下のように学びます

(※教え方はさまざまですが、一例はこちらです)

  1. 「ます」の前の文字が、「い段+ます」ならIグループ】
    (例:行きます、書きます、作ります)
  2. 「ます」の前の文字が、「え段+ます」ならIIグループ】
    (例:食べます、寝ます)※例外あり「見ます」「起きます」など
  3. 「来ます」「します」【Ⅲグループ

 

「い段」「え段」と言われても、瞬時に判断できないため、

50音図を見ながら、い段なのか、え段なのかを確認していきます。

50音図

動詞のグループ分けについて勉強したら、つぎは、さまざまな活用形を覚えていきます

Iグループ IIグループ Ⅲグループ
ます形 行きます、書きます
使います、作ります
見ます、寝ます
読みます、
来ます、します
辞書形
行く、書く
使う、作る
見る、寝る
読む
来る、する
 ない形 行かない、書かない
使わない、作らない 
 見ない、寝ない
読まない
 来ない、しない
 た形 行った、書いた
使った、作った 
見た、寝た
読んだ 
来た、した 
て形 行って、書いて
使って、作って
見て、寝て
読んで
来て、して

 

さらに、動詞を学んでいく過程で、さまざまな助詞の使い方についても勉強します。

助詞の一覧

  • 「を」:朝ごはん食べます、公園歩きます、お金払います
  • 「に」:働きます、友達プレゼントをわたします
  • 「は」:毎日銀行で働きます、これわたしの携帯電話です
  • 「で」:学校勉強します、電車行きます
  • 「へ」:図書館行きます、コンビニ行きます

【外国人が日本語を学ぶプロセス】まとめ

いかがでしたか?外国人が日本語を勉強するプロセスについて解説しました!

わたしたち日本語ネイティヴは、文法のルールについて何も考えることなく、日々思うままに日本語を話したり書いたりしています。

こちらの記事を通して、日本語を勉強する外国人学習者が、動詞のグループ分けや活用の仕方など、どのように日本語を理解していくのかについて、少しは分かっていただけたのではないでしょうか!

これを機に、日本語の教え方についてもう少し深く学んでみたい!日本語を教える日本語教師って、面白そうな仕事だな!と思った方は、日本語教師養成講座を受講してみてはいかがでしょうか

以下より、自宅近くの養成講座のパンフレットを、無料で一括請求できます◎

気になる方はぜひ利用してみてくださいね!

//完全無料で資料請求//

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター
外国人が日本語を勉強するプロセス