外国人住民投票条例案 武蔵野市議会が否決

選挙

外国人の参加も認める東京都武蔵野市の住民投票条例案が21日、市議会本会議で採決され、反対多数で否決された。市内に3か月以上住む18歳以上に、国籍を問わずに投票権を認める内容で、広い意味での外国人参政権につながるとの批判が上がっていた。

条例案は、住民投票は投票資格者の4分の1以上の署名があれば行われ、資格者の半数以上の投票で成立すると規定。結果に法的拘束力はないが、「市は結果を尊重する」と明記した。

採決では自民党や公明党の議員など14人が反対し、賛成した立憲民主党や共産党などの11人を上回った。松下玲子市長は「この結果を重く受け止め、さらなる検討を重ねたい」と述べ、条例案を見直す意向を示した。

参照:読売新聞オンライン

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター
選挙