【徹底解説】赤門会日本語学校の日本語教師養成講座!費用や校舎、受講日程は?まとめ

  • 日本語教師養成講座を検討中の方!
  • 赤門会日本語学校の日本語教師養成を検討中の方!

今回は、受講費用やスケジュール・校舎の立地など、赤門会日本語学校の日本語教師養成講座にについて知りたい情報を全てまとめました!

どの養成講座へ通うか悩んでいる方も、赤門会日本語学校の日本語教師養成講座について知りたい方にとっても、ぜひこちらの記事を読んで参考にしていただければと思います!

また「まずは資料を見てじっくり比較してみたい!」という方は日本語教師アカデミーがおすすめです。

自宅から近くの日本語教師養成講座の資料を一括で請求することができます!

//完全無料で資料請求//

赤門会日本語学校の日本語教師養成講座とは?校舎はどこ?費用は?

赤門会日本語学校の日本語教師養成講座は、日暮里に本校を置く「赤門会日本語学校」が開講している養成講座です。

赤門会日本語学校は、1985年7月に東京大学本郷キャンパス赤門前に初めて日本語学校を開校し、その後韓国ソウルや中国上海など海外にも校舎を展開している、規模も大きくかつ歴史のある学校です。

日本語教師養成講座は、2017年に文化庁届出受理(届出受理番号:H2903313005)されており、日本語学校として歴史は長いものの、養成講座自体は設置されてからはまだ年数が長くはないようです。

校舎はどこにある?

日本語教師養成講座が受けられる校舎は、赤門会日本語学校日暮里校になります。

〈赤門会日本語学校日暮里校〉

住所:〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-54-4 赤門会日本語学校日暮里校6階

アクセス:日暮里駅より徒歩4分、西日暮里駅より徒歩5分

受講方法は?通学or通信?

受講方法は、「通学」コースのみ開講しています。

対面授業でしっかり学習を進めたい方には「通学」コースの養成講座がおすすめです!

一方で、忙しい方・いつでもどこでも受講したい方は「通信と通学を組み合わせたコース」が受講できる養成講座を選ぶのも良いかもしれません…。

受講スケジュールは?

開講日程は以下の通りです↓

  • 開講時期 : 4月、7月、10月、1月
  • 学習期間   : 最短6か月~最長1年
  • 授業時間 : 平日(月曜日~金曜日)

         午後クラス

         1限目 13:00~14:40

         2限目 14:50~16:30

開講時期は、年に4回あります。

学習期間は、最短6か月〜最長1年と、一般的な養成講座と同様の期間で設置されています。

また、授業時間は平日の午後に開講しているため、子育てや家事と並行して通いたい方、日中に通いたい方におすすめです◎

受講費用はどれくらい?

続いて、気になる受講費用はこちらです↓

  • 入学金   22,000円
  • 受講料 506,000円 

      → 528,000円 ※教材費別途12,000円ほど

支払方法として分割支払い制度もあるため、利用したい方は分割で受講費用を支払うことも可能です◎

他のコースは何がある?

続いて、420時間養成講座以外にはどのような講座があるのかを紹介します◎

  • 日本語教育能力検定試験対策コース

毎年10月に実施される「日本語教育能力検定試験」に合格することを目的としたコースです。基礎を固めるための「実力アップコース」と過去問を解いていく「直前対策コース」の2種類があります。

  • 教育実習コース

日本語教師になった時の授業に役立つ、実践的な内容を学ぶコースです。通信の養成講座を修了した方や日本語教育能力検定試験の合格者におすすめのコースです◎

  • 科目等履修コース

420時間養成講座の中で、学びたい科目のみを受講できるコースです。

教育実習以外の科目を自由に選択して受講することができます。

赤門会日本語学校の日本語教師養成講座の特徴は?

赤門会日本語学校の日本語教師養成講座は、大きく3つの特徴があります。

質の高い講師とじっくり学べる授業内容◎

この講座の特徴として、まずは日本語教育界に長年携わってきた講師が多く在籍しているという点です。

上記のようなベテランの講師陣に、学習者にとって分かりやすい授業をするためのノウハウを教えてもらえるのが大きなメリットになります◎

また、授業体制は、少人数制で講師と受講生、受講生同士がコミュニケーションを取り合う場面が多くなるよう工夫されており、じっくりと学べる環境もあります。

日本語学校の留学生との交流が多い◎

日本語学校が運営している養成講座のため、留学生と交流できる機会が多いのも、この講座の特徴の一つです◎

例えば、教育実習や交流イベントなど、留学生と交流する機会は非常に多くあります。

さらに、赤門会日本語学校の留学生は50カ国以上から、多国籍の学生が在籍しているため、さまざまな国の学習者と交流することができます!

受講時から卒業後の就職まで、手厚いサポート◎

最後に、受講中から受講修了後まで手厚いサポートがあることも、この養成講座の良いポイントとなっています。

特に、修了後の就職サポートにおいては、採用面接や模擬授業の相談はもちろん、海外で働きたい人に向けてはグループ校の紹介もあります!

赤門会日本語学校の日本語教師養成講座は、ずばり!どんな人がおすすめ?

さて、ここまでは赤門会日本語学校の養成講座について、受講費や校舎などの基本情報から、講座の大きな特徴までをお話しました。

ここからは、上記の情報をまとめた上で「どのような人におすすめの講座なのか?」、逆に「どのような人には向いていない講座なのか?」についてお話します◎

【赤門会日本語学校の養成講座はこんな人におすすめ!】

  • 平日の日中に受講したい
  • 通信ではなく、完全通学型で学びたい
  • 少人数制でインタラクティブな授業を受けたい
  • 留学生との交流をできるだけ沢山したい
  • 就職サポート(特に海外への就職)をしっかり受けたい
  • 日本語教育能力検定試験の対策もしたい

【赤門会日本語学校の養成講座に向いていないかも?】

  • 仕事をしながら受講したい
  • 平日夜や土日で受講したい
  • 通学ではなく、通信で受講したい
  • 少人数での授業は苦手かも

いかがでしょうか?

全体的に見ると、”通学のみの受講”や”校舎が1箇所のみ”、”受講日程”という点から考えると、休職中の方や家事と並行して通いたいという方におすすめの講座であると言えます◎

さらに、自主性の求められる授業である点、留学生との交流機会や手厚い就職サポート体制がある点からみると、”養成講座修了後はすぐに日本語講師として働きたい!”という方におすすめです。

以上が、赤門会日本語学校の日本語教師養成講座に関する解説でした!

(現在、赤門会日本語学校の養成講座について、修了済みの方の評判や口コミを募集中ですので、情報が集まり次第、新たに記事をアップデートする予定です!)

最後に、養成講座選びにおいて最も重要なことについてお話しします!

講座選びの際には、インターネットで情報を集めるだけではなく、実際に校舎を訪ねて学校見学に行くことは最も重要です!!

実際に学校を訪ねみると「思っていたのと違った」という点が見つかることもあるので、授業風景や校舎の雰囲気を自分の目で見て確認しましょう◎

決して安くはない受講費用なので、自分自身が納得できる&最適な養成講座を選びましょう。

「そもそも、どの講座に学校見学へ行くかまで絞れていない!」という方は、お住まいの近くにある養成講座の資料を一括で資料請求することが出来るサービスがあるので、ぜひ活用してみて下さい。

//完全無料で資料請求//

赤門会日本語学校の日本語教師養成講座【まとめ】

  • 大規模&伝統のある赤門会日本語学校が2017年に設置した養成講座
  • 校舎は、日暮里校にある
  • 受講スタイルは「通学」のみ
  • 受講費用(420時間コース)は合計528,000円(税込)
  • 経験豊富な講師陣、少人数制の参加型授業、留学生との交流、手厚いサポートが特徴
The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター