【口コミあり】ヒューマンアカデミー日本語教育能力検定試験対策講座を徹底解説!

  • 日本語教育能力試験対策講座を受講する必要ってほんとにあるの?独学は可能?
  • ヒューマンアカデミーの検定試験対策講座の内容は?
  • ヒューマンアカデミー口コミは?どれくらいの人が合格している?満足度は?

今回は、「上記のどれかに当てはまる◎」あるいは「日本語教育能力検定試験の受験を検討中」という方に役立つ情報をまとめた記事となっています。

特に、日本語教師養成業界の最大手であるヒューマンアカデミーの検定対策講座については、受講費用などの基本情報からアンケートによる口コミ・評価についてまでも徹底解説します!

ヒューマンアカデミーの検定対策講座を検討中の方には、特に参考にしていただけるような内容になっています◎

日本語教育能力検定試験とは?どんな人が受験するの?

日本語教育能力検定試験の基本情報

まずは、日本語教育能力検定試験とはどのような試験なのか、概要の解説します!

日本語教育能力検定試験は、「公益財団法人日本国際教育支援協会が主催し、公益社団法人日本語教育学会が認定している、日本語教育を行う専門家として基礎的水準に達しているかを検定する試験」です。

この検定試験に合格すると、日本語教師として働く際に一般的に求められる条件を満たすことができます。

日本語教師として働くための一般的な条件

以下いずれかの条件を満たしていることが必要

  • 大学にて日本語教育専攻または副専攻
  • 日本語教師養成講座(420時間以上)修了+大学卒業
  • 日本語教育能力検定試験合格

続いて、検定試験の受験日程や受験費用の概要はこちらです↓

  • 受験日程:毎年1回(例年は10月)
  • 受験費用:税込10,800円
  • 受験地 :全国7か所(札幌、仙台、東京、愛知、大阪、広島、福岡)
  • 合格率 :約20~30%

どんな人が受験しているの?

  • 日本語教師として働きたい(日本語教師として求められる資格を満たすため)
  • 既に日本語教師として働いていて、日本語教育に関する知識をさらに深めるため

この試験を受験する理由として、上記の通り大きく2つが挙げられます。

また、この試験の受験者に対する制限はなく、誰でも試験を受けることができます◎

受験者の年齢層は10代から60、70代まで非常に幅広い年代の人が受験しています。

日本語教育能力検定試験についてさらに詳しく知りたい方はこちら

【日本語教育能力検定試験とは?まとめ】受験予定or興味がある方必見!!

2020/8/3

日本語教育能力検定合格のために対策講座は本当に必要?!独学はできる?

合格のために対策講座は必要?!

この日本語教育能力検定試験に合格するための試験対策講座が、様々なスクールで開講しています。

試験合格を目指す方の中には、対策講座の受講を検討している方もいるかもしれません!

ですが、”合格を目指すために、対策講座は本当に必要なのでしょうか?”

結論を言うと、必ずしも対策講座を受講する必要はなく、独学で合格を目指すことも可能です◎

実際に独学で合格をした人も、受験者の中にはたくさんいます◎

独学で合格を目指すには?こんな人が独学に向いている!

独学で合格を目指すために必要な学習期間は、平均で6ヶ月〜1年ほどと言われています。

学習方法としては、「参考書を利用し、基礎を固めつつ過去問を解いていく」というのが基本的な流れとなります。

具体的な独学方法について詳しく知りたい方はこちら↓

【完全独学】日本語教育能力検定試験「合格」までのすべて!

2020/5/3

「もしできるのであれば、独学でできるだけお金をかけずに日本語教師になりたい!」

このように考える方もいると思います◎

どのような人が独学に向いているのでしょうか?

こんな人が独学に向いている!

  • 可能な限りお金をかけずに日本語教師になりたい
  • 自由な学習スタイルで勉強したい
  • 独学に自信がある
  • 1人で集中して勉強したい

上記に当てはまる!という方は独学に向いているでしょう。

検定講座を受講しないということは、参考書選びから学習方法、試験直前対策まで全て自分1人で行うことになります。

最終的には「1人で勉強する自信がある!!」という場合であれば、独学で合格を目指す選択をするのが良いでしょう◎

日本語教育能力検定試験対策講座はこんな人におすすめ◎受講費用は?

とはいえ、「独学は自信がない・・・」「1人で半年間以上も勉強をするのは向いていないかも」という方もいると思います◎

そのような方には、対策講座を受講することをおすすめします!

日本語教育能力検定試験・対策講座の概要

対策講座の受講費用の目安は、約3~10万円となっています。

受講スタイルは、最近は通信で受講できるスクールが増えていますが、通学型のみで開講しているところもあります。

「自宅で好きな時間に自由に学習したい」という方は通信型、「教室に行き、集中して勉強したい」という方は通学型の受講がおすすめです◎

また、通学型の方が通信型よりも受講費用は高くなる場合が多いです。

そして、「対策講座」といってもスクールよって、対策講座の受講内容はさまざまあります。

  • 基礎から試験直前対策まで総合的に学習できる講座
  • 基礎固めのみ学習できる講座
  • 科目別に学びたい科目のみを選択して学習できる講座
  • 試験直前の対策(過去問を解くなど)ができる講座
  • 検定試験後に解答解説をしてもらえる講座

「すべてスクールの講座に任せて試験対策をしたい」という方には総合対策ができる講座、「ある程度独学で進めたのち、試験直前だけ講座を受講して安心したい!」という方には、試験直前対策講座だけ受講するのもおすすめです◎

ヒューマンアカデミーの日本語教育能力検定試験対策講座って?

対策講座の受講を考えている方の中で、日本語教師養成業界大手・ヒューマンアカデミーの対策講座を検討中の方も多くいるかと思います!

そんな方のために、ヒューマンアカデミーの検定対策講座の概要をまずは解説します◎

ヒューマンアカデミーには、いくつかの検定対策講座があり、様々な学習目的に対応できるような講座のラインナップがされています!

(通信)日本語教育能力検定試験【完全合格】講座 132,000円(税込)
科目別セミナー 1科目8,800円
日本語教育能力検定試験 解説講座 1回19,800円
日本語教育能力検定試験 模擬試験 1回11,000円
日本語教育能力検定試験 直前対策セミナー 1回8,800円

※講座内容と受講費用の詳細は、HPでご確認ください。

受講形態は、「日本語教育能力検定試験【完全合格】講座」のみ通信で、その他の講座はすべて「オンラインライブ」となります。

検定講座といっても、総合的に学べるものから科目別、模擬試験対策までコースが用意されているのがヒューマンアカデミーの特徴です◎

ヒューマンアカデミーの日本語教育能力検定試験対策講座の口コミ!合格率は?

ここからは、アンケートをもとにヒューマンアカデミーの検定対策講座の口コミ情報をまとめて解説します!

まずは、ヒューマンアカデミー の講座を5点満点で評価してもらった結果がこちらです!

評価の理由を良い点・悪い点を合わせて記載しています。

総合点:3.5
良い点
  • 対策用テキストが役立ったから。
  • 講座が系統立てて組み立てられているため、過不足なく勉強できたから。
  • 知識を学ぶことの面白さを実感しながら学習できたから。
マイナスな点
  • 受講費用が高いと感じたから。
  • 教材が多すぎて、勉強すべきところが分かりづらいから。
  • 演習問題をもっと多くし、解き方のポイントを指導してほしかったから。
  • ヒューマンアカデミーに通ったAさんからの口コミ

ポイントとなる点を重点的におさらいすることができ、検定に詳しい先生がいたので質問にも的確に答えていただきました。

  • ヒューマンアカデミーに通ったBさんからの口コミ

通学制で、送られてきたDVDを見るという学習方法のため基本的に独学しているという実感がしました。講師の先生により多少の質の違いが見られました。

続いて、「何回目で合格しましたか?」という質問に対して、結果は以下の通りとなりました!

1回目で合格できた 約85%
2回目で合格できた 約0%
3回目で合格できた 約7.5%
4回目で合格できた 約7.5%

対策講座を受けた人の大多数である85%の人が、1回目で合格していたことが分かりました◎

最後に、「受講した講座を知人にオススメしたいですか?」という質問に対しては、このような結果となりました。

はい 50%
いいえ 43%
どちらともいえない 7%

「オススメしたい」と回答した人が「オススメしたくない」と回答した人よりも多かったのですが、殆ど半数に分かれる結果となりました。

合格率は85%と高いものの、「オススメしたくない」と回答した人が多かった理由としては、「独学でも出来そうな内容だった」「受講費用が高い」という声が挙げられていました。

以上が、ヒューマンアカデミー 検定対策講座でした!

「独学で学習するか」、「検定対策講座に通うのか」自分自身の学習目的や学習スタイルに一番合う選択をすることが大切です。

さらにもう一つ、日本語教育能力検定試験に合格をすると、晴れて日本語教師として働くことができるのですが、実習などの実践的なことが学べないまま教壇に立つことになります。

そのため、日本語教師養成講座を通ったり、大学や大学院で学んだ場合と比較すると、実践力がつかない&就職しにくい場合もあります。(求人の募集要件として養成講座修了者のみというところも・・・)

もし、金銭的・時間的な余裕がある方は、ぜひ日本語教師養成講座の受講も同時に考えてみてください!

気になる方は、こちらにお住まいの近くにあるさまざまなスクールの養成講座の資料を、無料でまとめて請求できるサービスもありますので、ぜひご利用ください!

//完全無料で資料請求//

【ヒューマンアカデミーの日本語教育能力検定試験】まとめ

  • 日本語教育能力検定試験の対策は独学でも可能◎
  • 独学に自信がない人は検定対策講座の受講がおすすめ!
  • ヒューマンアカデミーの対策講座は目的別に学べる講座が多数!
  • 講座受講者の検定試験合格率は85%!
  • 実践力をつけるために日本語教師養成講座の受講も検討すべき!
The following two tabs change content below.
伊藤えり子

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター