需要のある資格ランキングTOP10|高収入や将来性&専門性の高い資格をまとめて紹介!

需要のある資格ランキングTOP10

​​

Aさん
将来のために資格を取りたいけれど、これから需要のある資格が知りたい!

このような方に向けて、こちらの記事では「これから需要のある資格ランキングTOP10」をまとめて解説します!

さらに、どのような基準で”需要のある資格”と判断すべきなのか?といった「資格選びのポイント」も合わせてお伝えしていきます。

【”需要のある資格”の定義とは?選び方のポイント】

ノートとペン

”需要がある資格”だと判断する定義として、大きく3つのポイントがあります。

この3つを基準に資格選びをしていくと良いでしょう◎

将来、需要が高まる仕事に就ける

1つ目のポイントは、「10年後、20年後の社会の動向を予測して、将来的に需要が高まる仕事かどうか」です。

「せっかく資格を取ったのに、全然役に立たない…」なんてことは避けたいですよね。

現在〜これからの日本においては、「超高齢化社会」「AI技術の進歩」「外国人労働者の増加」といった社会の動向の中で、需要のある業界・仕事は何があるのかを見ていくと良いでしょう。

独立開業も目指せる業務独占の資格

せっかく時間やお金をかけて資格を取るなら、業務独占(=その資格がないとできない業務)の資格がオススメです。

また、ゆくゆくは独立開業も視野に入れられる資格であると、なお良いでしょう◎

業務独占の資格は専門性が高く、資格を取得すること自体に高い価値があるためです。

さらに、独立して個人でも稼いでいける資格は、将来的な働き方の選択肢も広がるため、考慮しておきたいポイントです。

高収入の仕事に就ける

資格取得は自己投資として、「お金と時間をかけて、その後にどれくらいのリターンが得られるか」も考えておきたいポイント。

「多くの時間と大金をかけて資格を取ったのに、その後は全然稼げる仕事につながらない…」なんてことにはならないように、資格にかける時間とお金、その後にどういった仕事に就けるのかまで、具体的にイメージしておきましょう。

【需要のある資格ランキングTOP10】

さて、ここからは、「将来性が高い」「専門性が高く希少性がある」「高収入が狙える」といったさまざまな観点から選別した「需要のある資格ランキングTOP10」をご紹介します!

【1位】日本語教師

1位は、「日本語を学習している(主に)外国人に、日本語を教える」仕事である、日本語教師の資格です!

少子高齢化社会が進む日本では、これからは外国人をどんどん受け入れ、深刻な人材不足問題を解消しようという動きがあります。

外国人が急増していく中で、間違いなく需要が高まるのが「日本語教師の仕事」なのです。

さらに日本語教師は、学校に所属して働くほかにも、フリーランスとして独立して働いたりなど、自由な働き方が叶うのも魅力の一つ。

日本語教師になるためには、以下の条件があります。

日本語教師になるための条件

以下3つのうち、いずれか一つを満たしていること。

  • 大学・大学院にて日本語教育専攻または副専攻
  • 日本語教師養成講座(420時間以上)修了+大学卒業
  • 日本語教育能力検定試験合格

日本語教師を目指す場合、「日本語教師養成講座」を修了するか、「日本語教育能力検定試験」に合格する方法が一般的です。

「日本語教師養成講座」は、半年〜1年ほど講座に通い、40〜50万円ほどで修了できます。

「日本語教育能力検定試験」は、年1回実施される試験で、受験料は14,500円(税込)となっています。

養成講座では、教案作成や実習などを通して実践的なことを学べる機会があるので、どちらか迷っている方は、「養成講座の修了」をおすすめします◎

「さまざまなスクールの養成講座の資料を見てみたい」という方は、以下より無料で請求することができます!

//完全無料で資料請求//

【2位】日商簿記検定

会計・経理に関わる資格として有名な「日商簿記検定」です。

難易度の高い順に、1級>2級>3級>初級となっていますが、実践的なスキルが身につき、差別化が図れるのは「2級以上」です。

「簿記検定」を取得することで、「経営活動を記録・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする」といったスキルの技術習得・証明につながります。

企業の経理・財務部へ就職したい方や、税理士・会計事務所のスタッフとして働きたい方にオススメの資格となります。

日商簿記検定の詳細

  • 試験実施:3級・2級は年3回、1級は年2回実施
  • 受験料 :1級(7,850円)/2級(4,720円)/3級 (2,850円)
  • 合格率 :1級(8〜13%)/2級(12〜28%)/3級 (40〜55%)

【3位】IT系資格

IT業界はますます盛り上がっている一方で、「IT人材不足」であるとも言われています。

「IT系の資格を取得しておくことで、現職に活かしたりキャリアアップにつなげたい!」という人や、「IT業界でバリバリ働いていきたい」といった人には、IT系資格の取得がオススメです◎

IT系の資格で人気なのは、以下の3つの資格です。

「基本情報技術者」の試験は、本格的にエンジニアを目指していきたい人向けで、「ITパスポート」は、まずは基本的なITリテラシーを身につけたい人におすすめです。

代表的なIT系の資格

  • ITパスポート :IT初心者向けで、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験。
  • 情報セキュリティマネジメント:IT初心者〜中級向けの試験で、セキュリティ分野に特化した国家試験。
  • 基本情報技術者:ITエンジニアの登竜門で、既に基本ITスキルを身につけている人を対象とした国家試験。

【4位】宅地建物取引士(宅建士)

国家資格である「宅地建物取引士」いわゆる「宅建士」の資格です。

不動産の取引時にお客様が知っておくべき重要事項を説明するのが、宅建士の仕事です。

仕事の中では、「不動産の契約締結前に行う重要事項の説明」や「書類への記名・押印」など、「宅建士」の資格がないとできない独占業務があります。

不動産業界で働きたい方や、不動産の知識を現職で活かしたい方、不動産の専門家として開業したい方にオススメの資格です。

「宅建士」国家資格の概要

  • 試験実施:年1回
  • 受験料 :7,000円
  • 試験内容:四肢択一式によるマークシート形式(問題数:50問/試験時間:2時間)
  • 合格率 :約15%~18%

【5位】ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナーは、税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続といった知識を身につけ、お金の専門家としてライフプランの設計を行う仕事です。

金融関係の仕事に活かせたり、フリーランスや起業をして活躍する人たちもいます。

ファイナンシャルプランナーは業務独占の資格ではありませんが、「FP技能検定」という試験があります

さらに検定以外にも、スキルや知識を持っていることを証明するための資格として、「AFP資格」と「CFP資格」というものがあります。

ファイナンシャルプランナーの資格

  • 「AFP資格」:FP技能検定2級に合格し、AFP認定研修を受講・修了すると認定される。
  • 「CFP資格」:「AFP資格」を持つ者が、CFP資格審査に合格し、一定の研修や実務経験を経て認定される。

【6位】中小企業診断士

「中小企業診断士」とは、中小企業の経営課題に対して診断・助言などのコンサルティングを行う専門家です。

コンサル業界への転職を目指している方や、将来、独立開業を目指したい方におすすめです。

こちらは業務独占の資格でありませんが、国家資格である「中小企業診断士試験」というものがあります。

中小企業診断士試験の概要

  • 試験実施:年1回
  • 受験料 :1次試験(13,000円)、2次試験(17,200円)
  • 1次試験 :企業経営やコンサルに関する基礎知識を問うマークシート式問題
  • 2次試験 :中小企業の診断・助言に関する実務を問う筆記・口述問題
  • 合格率 :1次試験(15〜25%)、2次試験(18〜23%)

【7位】税理士

税理士は、所得税や法人税、相続税などの申告を納税者に代わって行ったり、税金に関する相談を受ける仕事をします。

税理士事務所や公認会計士事務所へ就職したり、独立開業する人も多くいます。

税務代理や税務書類の作成など、税理士としての資格を持つ人にしかできない独占業務があります。

専門性が高いため、平均年収も900万円以上はあり、税の専門家として高収入を狙い方にはオススメです。

「税理士」になる方法

  1. 税理士試験に合格した者であること
  2. 税理士試験を免除された者であること
  3. 弁護士(弁護士となる資格を有する者を含む)
  4. 公認会計士(公認会計士となる資格を有する者を含む)

※(1)(2)の場合は、租税又は会計に関する事務に従事した期間が通算して2年以上あることが必要。

「税理士試験」は年1回行われ、受験資格や受験科目の免除等に細かな規則があります。必須科目と選択科目があり、各科目60点以上で合格となります。合格率は、例年10〜20%ほど。

【8位】行政書士

「行政書士」は、官公署への提出書類を作成したり、それらの書類について相談業務などを行うのが仕事です。

法務事務所や弁護士事務所で働いたり、多くの行政書士は、事務所を開業し独立するのが一般的です。

行政書士になるためには、さまざまなルートがありますが、もっとも一般的な方法は「行政書士」の国家試験に合格することです。

「行政書士」の資格があることで、特定の書類を扱う業務ができるため、業務独占の資格となります。

行政書士試験の概要
  • 試験実施:年1回
  • 受験料 :7,000円
  • 受験形式:筆記試験(マークシート方式・記述式あり)
  • 合格率 :約8%~15%前後

【9位】司法書士

司法書士は、専門的な法律の知識を身につけ、裁判所や法務局への提出書類などの作成を行う法律事務の専門家です。

司法書士は独立・開業が一般的で、司法書士事務所に就職したり、一般企業の法務部で働く道などがあります。

司法書士として働くには、国家試験である「司法書士試験」に合格する必要があります。

司法書士試験の概要
  • 試験実施:年1回
  • 受験料 :8,000円
  • 受験形式:筆記試験(11科目)+口述試験
  • 合格率 :約3%~4%

【10位】公認会計士

公認会計士は、企業の監査・会計を専門分野とし、主に監査業務・コンサルティング業務・税務業務を行います。

働き方としては、監査法人に所属したり、会計事務所に就職したり、独立して個人事務所を設立するといった方法があります。

平均年収は900万円を超えており、安定&高収入を狙いたい方にはオススメです。

公認会計士になる第一ステップとして、会計資格の最高峰と言われている国家試験「公認会計士試験」に合格する必要があります。

公認会計士試験の概要
  • 受験形式:短答式試験+論文式試験(※短答式試験合格者のみが受験できる)
  • 試験実施:短答式試験(年2回)/論文式試験(年1回)
  • 受験料 :19,500円
  • 合格率 :短答式試験(22〜25%)/論文式試験(35~40%)

【需要のある資格ランキングTOP10】まとめ

いかがでしたか?興味のある資格や、目指したい仕事を見つけるきっかけになりましたか?

今回は、【需要のある資格ランキングTOP10】をご紹介しました!

  1. 日本語教師
  2. 日商簿記
  3. IT系の資格
  4. 宅建士
  5. ファイナンシャルプランナー
  6. 中小企業診断士
  7. 税理士
  8. 行政書士
  9. 司法書士
  10. 公認会計士

The following two tabs change content below.

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター
需要のある資格ランキングTOP10