高卒でも日本語教師になれるの?日本語教師に求められる学歴って?

高卒 日本語教師なるには

「高卒でも日本語教師として働きたい!」

「最終学歴が高卒でも日本語教師資格を取ることは出来る?」

このような要望や疑問を持っている方に向けてこの記事では、高卒の方が日本語教師として働くために必要な資格や、高卒でも応募可能な求人の有無、実際に働くことができるのかを解説していきます。

日本語教師のお仕事を探している方

日本語教師キャリア」では、日本語教師の非公開求人や高収入案件の紹介を行っています。完全無料ですので、まずは登録して情報を受け取ってみてください。(登録は30秒から1分程度)

※日本語教師キャリアに登録する

高卒が取るべき日本語教師資格は?

日本語教師として働く場合、基本的に下記の日本語教師資格を保有している必要があります。

  1. 日本語教育能力検定試験に合格する
  2. 文化庁に認定された420時間日本語教師養成講座を修了する
  3. 大学または大学院で日本語教育を専攻(副専攻でも可)

4大卒以上の方は、上記3つの資格のうちいずれか1つを取得していれば日本語教師として働くことが出来ます。

ただし、高卒や短大卒の方は、必ず1の日本語教育能力検定試験に合格している必要があります。

また実際に日本語教師の採用試験を受ける際には、模擬授業で指導力をチェックされる事が多いため、現実的に高卒の方が日本語教師として働く場合には”1の日本語教育能力検定試験合格“と”2の420時間日本語教師養成講座修了“をして「知識」と「実践力」の両方を持っている事をアピールできる様にする必要があるでしょう。

日本語教師資格については下記の記事でも詳しく解説しています。

日本語教師になるための3つの資格について

高卒で働ける日本語教師求人はある?

高卒 日本語教師 求人

こちらは結論、”大卒の方と比べると難易度は高いが、根気強く探せばある“というのが答えになります。

実際に高卒でも日本語教師として何十年も働いている方は数多くいます。ただ、大卒の方と比べると応募可能な求人が少なかったり、海外で働きたい方の場合は国によってビザが出ない場合もあるため注意が必要です。

高卒の方が日本国内・海外・オンラインで日本語教師として働く場合それぞれのケースを解説します。

国内の場合

国内で仕事を探す場合ですが、働く教育機関によって難易度や条件が異なります。

日本語教師の就業先として主となる6つの職場ごとに分けて表にしてみました。

教育機関 高卒でも働くことが出来る?
日本語学校 “日本語教育能力検定試験”に合格していれば規定上は就業可能。
ただし、採用する教育機関によっては”4大卒以上”など応募要件を定めているところもあるため、求人は選定する必要あり。
専門学校 就業可能。ただし、採用する教育機関によっては”4大卒以上”など応募要件を定めているところもあるため、求人は選定する必要あり。
大学・大学院 基本的に大学院の修士課程修了が応募要件で求められるため出来ないと考えたほうが良い。
プライベートレッスン 学歴要件は定められておらず、あくまで生徒次第なので就業可能。
企業内研修 学歴要件は定められておらず、あくまで依頼する企業次第なので就業可能。
技能実習生向けの組合 学歴要件は定められておらず、あくまで雇用する組合次第なので就業可能。

上記のように、高卒だとしても規定上は就業可能な職場は数多くあります。

ただし、実際に採用選考を進んでいく中で4大卒の候補者と、高卒・短大卒の候補者の両方が同じ求人に応募した場合、4大卒の方の方が採用されやすい傾向はあります。

ですので、粘り強く仕事を探す気持ちを持って就職活動に挑むのが良いでしょう

海外の場合

海外の場合は、4大卒以上でないと就労ビザが降りない国があるため、特定の国で働きたい!と考えている方はその国のビザ発給要件を慎重に調べておくことをオススメします。

当サイトを運営する「日本語教師キャリア マガジン編集部」独自でいくつかの国のビザ発給要件を調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

高卒でも働くことが出来る?
韓国 大卒でないとビザが出ない。
台湾 原則大卒でないとビザが出ないが、ワーホリビザで台湾に滞在し働く手段もある。
タイ 大卒でないとビザが出ない。

また他の国の場合も調べたい方は、日本語教師の求人情報が掲載されたサイトを確認して高卒・短大卒でも応募可能かどうかを確認すると良いでしょう。

こちらの記事では日本語教師の求人が掲載されたサイト16選をまとめています。日本語教師の求人情報は一般的な求人サイトには掲載されていないことも多いためぜひ参考にしてみて下さい!

日本語教師の求人サイト16選|就職・転職・将来に向けた情報収集に

2022/2/6

オンラインの場合

コロナを機にオンライン上で日本語を教える求人情報が急増しました。

オンライン上の日本語スクールで日本語を教える場合には、最終学歴は関係ありません。

あくまで生徒に選ばれる講師になれるかどうかが大切ですので、生徒のニーズに合わせた日本語授業が出来る方であれば仕事は十分に見つかると言えるでしょう◎

4大卒を目指した方が良い場合もあり

高卒でも根気強く求人を探せば、日本語教師として働くことも可能です◎

ただ、これから日本語教師として長く働いていくことを考えると、いっそのこと4大を卒業して学士を取得してしまうのも良いかもしれません。

「4年間勉強するのはさすがに気が引ける。。。」と思われるかもしれませんが、実は大学3年次から編入できて日本語教育専攻も選択できる通信制の大学があり、その場合だと3年次から卒業までにかかる期間が2年、総費用が40~70万円ほどになります。

現在高卒・専門・短大卒の人は4大卒になる事で、日本語教師としても、それ以外のキャリアを進むにしてもメリットを得られる機会は多いため、検討してみても良いかもしれません。

高卒でも日本語教師になれるの? まとめ

  • 高卒で日本語教師になるためには、日本語教育能力検定に合格することが必須
  • 高卒の場合は応募できる教育機関が大卒で比べて限られるが、根気強く探せば見つけることが出来る
  • 通信制大学に通って4大卒になってしまうのも検討余地あり
The following two tabs change content below.

日本語教師キャリア マガジン編集部

運営情報
日本語教師キャリア マガジン編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。
高卒 日本語教師なるには