海外在住のあなた!日本語教師養成講座は通信で受講できる?!必見◎

  • 海外在住で、これから日本語教師を目指したい!
  • 海外にいても通信で受講ができる日本語教師養成講座が知りたい!
  • 日本語教師養成講座受講以外の方法で日本語教師の資格取得はできないかな?

こちらは、上記のような疑問を持つ「海外在住&日本語教師を目指したい!」という方に向けた、まとめ解説記事になります。

海外から通信受講が可能な日本語教師養成講座はあるの?

”海外在住で、420時間日本語教師養成講座を修了することができるのか?”

→ 結論として、通信のみで受講可能な日本語教師養成講座はあります

しかしながら、現時点では通信のみで受講する養成講座は、修了しても「法務省告示の日本語教育機関」で働くための日本語教師資格条件を満たすことができません

もう少し詳しく解説をすると、そもそも日本語教師養成講座には、文化庁に届けが出され受理されているものと、受理されていない講座の2種類があります。

もし、文化庁認定ではない養成講座を受講した場合、修了したとしても「法務省告示の日本語教育機関」で日本語を教えるための要件を満たすことはできません。

(「法務省告示の日本語教育機関」とは、法務省が在留資格「留学」を付与することができると認めている日本語教育機関です。)

つまり、日本に来ている留学生に対して日本語を教えたい場合は、必ず文化庁認定の講座を受講する必要があります。

文化庁認定のもので、「理論科目」のみ通信受講可能、「実践科目」は通学受講というスタイルの講座は近年増えてきていますが、残念ながら現在のところ、全て通信形態の受講ができる養成講座で文化庁認定のものはありません

文化庁認定の日本語教師養成講座はこちら↓

「日本語教育機関の告示基準」(平成28年7月22日法務省入国管理局策定)第1条第1項第13号

未経験でも働ける?海外で日本語教師を目指す際に求められる条件とは!

2020/6/1

完全通信で受講ができる日本語教師養成講座はこちら! 

もし、「日本で留学生を教える予定はない」「ずっと海外在住で日本語教師をするつもり」という方は、文化庁認定の養成講座を受講する必要性はないかと思いますので、そういった方に向けて、通信のみで受講ができる(文化庁認定ではない)講座をご紹介します!

全て通信で学習ができる養成講座は、「BBI日本語教師ネットワーク」の日本語教師養成講座420時間通信講座です。

BBI日本語教師ネットワークでは、オーストラリア・シドニーでの通学コース、メルボルンで開講される通学コース、そして通信で学習できる「日本語教師養成講座420時間通信講座」を開講しています。

完全通信制の「日本語教師養成講座420時間通信講座」は、世界中どこにいても受講することが可能です◎

そして、受講料は1740AUD(=日本円で約13万6,000円)と、国内にある一般的な養成講座と比較すると、約1/4~5の価格になります!

こちらの講座内容の特徴は、以下の通りです。

  • 前半では「日本語教授法の基礎」を学び、後半ではテキストに沿って毎回課題のワークシートを提出し、担当講師から添削・評価を受ける。
  • 英語話者を対象にした間接法での教授方法、そして日本語で日本語を教える直接法も学ぶことができる。
  • 日本語教育能力検定試験の対策問題集も設けているため、検定試験合格を目指す人にも適した講座内容とされている。

公式HP:「BBI日本語教師ネットワーク」日本語教師養成講座420時間通信講座

一時帰国可能な方◎海外から通信受講できる日本語教師養成講座3選!

次に、「法務省告示の日本語教育機関」で働く可能性があるため、文化庁認定の日本語教師養成講座を受けたい、という方に向けて解説します。

もし上記のような希望があり、数ヶ月間日本への一時帰国が可能な場合は、文化庁認定の日本語教師養成講座を受講・修了することができます

方法としては、以下のような受講の流れとなります↓

① 海外で「理論科目」を通信で受講開始

② 「実践・実習」は日本へ帰国して通学する

③ 講座修了後、海外へ戻る

「理論科目」は通信で受講ができる養成講座は数多くありますので、「実践・実習」部分のみ日本で受講する流れとなります。

そこで、通信と通学の組み合わせで受講可能な、おすすめの日本語教師養成講座を3つご紹介します!

ヒューマンアカデミー

こちらは、国内では最大規模の日本語教育機関です。

全国各地に校舎があるため、首都圏以外で通学受講を考えている方におすすめです!

学習スタイルは、eラーニング(理論科目)と通学(実践科目)の組み合わせ型です。

受講料は以下の通りです↓

  • 受講料495,000円(税込)
  • 入学金33,000円(税込) → 合計528,000円

開講スケジュールは、平日・土日ともに朝昼夜の全時間帯開講しており、「平日夜と土日」を組み合わせて受講することも可能です。

尚、東京・大阪・佐賀で日本語学校も運営しており、「日本語教育能力検定試験対策講座」も開講しています。

アークアカデミー

こちらは、1987年より日本語教師養成講座を開講しており、30年以上歴史のある学校です。

校舎は1つのみで、新宿駅前校にあります。

学習スタイルは、完全通学コースとWEB受講と通学を組み合わせたコースがあります。

受講料は以下の通りです↓

  • 420時間通信コース(WEB受講と通学)

入学金 0円(無料)  

受講料420,000円(税別)→ 合計420,000円(税別) 

開講スケジュールは、通学の場合、平日(月~金)の9:15~12:30となっています。

東京校・新宿校・大阪校・京都校、4校の日本語学校を運営しています。

アルファ国際学院

こちらは、アークアカデミーと同じく、1987年に創立された歴史の長い日本語教師養成講座を持つ学校です。

東京は東京本校(永田町駅周辺)があるほか、大阪本校・横浜校・名古屋校・博多校など全国に校舎を展開しています。

完全通学制と通信(通学併用)コースがあります。

通学併用コースの受講費用は以下の通りです↓

  • 通信・通学併用コース

入学金:33,000円(税込)

教材費:44,000円(税込)

授業料:517,000円(税込)→ 合計594,000円(税込)

開講スケジュールは、平日・休日ともに夜間まで受講可能です。

イギリス・タイ・ベトナム・ネパールなど、主に海外で日本語学校の運営をしています。

以上、3校の紹介でした!

通信で通えるか、ということに加えて「通いやすい」「養成講座の歴史が長い」「日本語学校が併設されている」この3校の養成講座をご紹介しました。

【東京版】日本語教師養成講座を徹底比較してみた!

2020/1/31

帰国できない…海外在住でも日本語教師の資格が取れる方法はあります!

文化庁認定の日本語教師養成講座を受講したいけれど、どうしても長期の帰国が難しいという方。

「法務省告示の日本語教育機関」で働く条件を満たす方法はまだあります!

それは、日本語教育能力検定試験に合格するという方法です。

「長期での帰国が叶わない」という方でも試験を受ける日だけであれば、受講が可能です!

日本語教育能力検定試験の概要はこちらです↓

  • 公益財団法人日本国際教育支援協会による実施試験
  • 年に一度、毎年10月に開催
  • 「札幌・仙台・福島・東京・愛知・大阪・兵庫・広島・福岡」全国主要都市で受験可能
  • 受験料は、10,800円(税込)
  • 出願期間は、毎年6月下旬から8月下旬ごろ

年に一度の受験日に合わせて帰国する必要はありますが、検定合格をして日本語教師になる方法は、一番安い、かつ海外在住の方にとっては一番負担なく挑戦できるのではないでしょうか。

一般的な学習準備期間は6ヶ月ほどと言われており、上記でご紹介した日本語教師養成講座開講のスクール3校とBBI日本語教師ネットワークでもWEB上で受講可能な「検定試験対策講座」を開講しているので、海外にいても十分に試験対策ができます!

海外在住者ならではのお悩みはありますが、ぜひご自身に一番合った方法で日本語教師を目指してみてはいかがでしょうか?

【日本語教育能力検定試験とは?まとめ】受験予定or興味がある方必見!!

2020/8/3

【海外在住のあなた!日本語教師養成講座は通信で受講できる?!】まとめ

  • 通信のみで受講可能な文化庁認定の養成講座はない
  • 法務省告示校で働く予定がない→完全通信制で受講できる
  • 法務省告示校で働く可能性がある→①日本で養成講座受講
  • 法務省告示校で働く可能性がある→②検定試験合格を目指す
The following two tabs change content below.
日本語教師 E

日本語教師 E

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で就業経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター