無料で日本語教師資格取得可能?!ハローワークの日本語教師養成講座で知っておきたいことを全てご紹介します

ハローワーク日本語教師

「離職後、お金をかけずに日本語教師を目指したい」と考えている方に必見です。

ここでは、ハローワークで日本語教師養成講座を受講する方法について、全てをご紹介します。

ハローワークのを利用すれば、日本語教師養成講座が無料で受けられる?

日本語教師になる資格を満たす条件の一つとして、「日本語教師養成講座420時間コースを修了」が挙げられています。

通常、民間のスクールに通い養成講座を受けた場合、50万円以上とかなり高額な受講費用がかかってしまいます。

しかしハローワークの「求職者支援制度」というものを利用すると、受講費用を無料で日本語教師養成講座を受けることができます

ただし、受講費用の他に発生するテキスト代(1万5千円ほど)は自己負担となります。

ではそもそも「求職者支援制度」とはどのような制度なのでしょうか。

「求職者支援制度」は失業保険をもらえない人が学費無料で職業訓練を受け、早期に安定した職を探せるよう国が支援する制度です。

この制度では自分の興味のあるコースを選び民間の教育訓練機関が行なっているカリキュラムを受けることができます。

WEBデザイナーやシステムエンジニアなど様々なコースがありますがその中の一つとして「日本語教師養成講座」が存在しているのです。

ハローワークの「求職者支援制度」を利用できる条件は?

「高い受講費用を抑えて、無料で日本語教師を目指せる」ことが最大のメリットである「求職者支援制度」ですがこの制度を利用するには以下のような条件があります。

・無職であり、失業保険を受給できない人
・就職する意志がある人

「失業保険を受給できない人」とは例えば「以前の職場で失業保険に入っていなかった人」や「失業保険の受給期間が終わってしまった人」「専業主婦」などです。

そして「ハローワークを通して、国の援助で就職するための訓練を受ける」ということになりますので「就職する意志がある人」というのも条件になります。

ハローワークで利用して日本語教師養成講座を受講をして、希望は叶えられる?

「日本語教師養成講座を修了して日本語教師あるいは日本語教育機関に就職したい」と希望されている方はこの「求職者支援制度」を利用して日本語教師養成講座を受講するのに適しています。

一方で「日本語教育能力検定試験合格」や「大学・大学院の日本語専攻で学ぶ」など、他の方法で日本語教師になりたいと考えている方はこの制度でそれらの条件を満たすことはできません。

そして「求職者支援制度」を利用して日本語教師養成講座を受講したいがその後すぐに日本語教師として働く、あるいは日本語教育機関に就職するつもりがない方も、適しているとは言えません。

この制度は「求職者が、国の援助を借りてスキルアップをし、そのスキルを活かして早期に就職ができることを目指すもの」であるからです。

本当に自分が望んでいることや実現させたいキャリアを明確にさせた上で、受講するかどうかを検討することが大切です。

ハローワークの日本語教師養成講座のスケジュールや場所などの詳細は?

「『求職者支援制度』を利用して、日本語教師養成講座を受講できる条件を満たしているのか?」、「自分の希望と合っているのか?」ということが明確になったところで、受講前に確認しておきたい点についてご説明します。

①受講期間・授業スケジュール・場所を確認する

「求職者支援制度」を利用する場合、希望する期間に受講ができるわけではありません。

地域にあるハローワークにて、事前にコースの受講期間と授業スケジュールを確認しましょう。

また、訓練施設の場所も確認をして、自宅から通える範囲にあるのかなどを調べた上で応募することも大切です。

一般的に受講期間は4〜6ヶ月で、訓練施設により異なります。

授業スケジュールは、基本的に9〜16時で設定されていますが、これも訓練施設によって様々です。

②受講をする際には採用試験がある

受講する際には、採用試験があります。

人気のコースは倍率が高くなっており、選考によって合否が決まります。誰もが受けられる訳ではない、ということも認識しておきましょう。

応募状況は、ハローワークに問い合わせて確認をすることができます。

③民間のスクールへ自費で通う場合とどちらが良いか

「無料で受講できるのなら、それに越したことはない」と考えるところもありますが、自費でスクールへ通う場合とどちらが良いのかを比較して、自分により適している方法を選択をしましょう。

以下にそれぞれのメリットとデメリットを挙げました。

「求職者支援制度」で日本語教師養成講座を受講する

・受講費用を大幅に抑えることができる
・講座受講以外にも、ハローワークで就職支援を受けることができる(面接対策など)
・講座が始まるタイミングや場所、選考によっては受けられない場合もある
・講座受講後に「日本語教師として働くこと、日本語教育機関へ就職すること」が前提となる

民間のスクールにて、自費で日本語教師養成講座を受講する

・希望する時期に確実に始めることができる
・スクール、場所を選ぶことができる
・受講後に、必ずしも日本語教育関連の仕事に就職する必要はない
・受講費用を自費で負担する必要がある
・スクールによっては、就職活動の支援を受けられない場合もある

 

ハローワークで日本語教師養成講座を受講するにはどうやって申し込むの?

受講を決めたら、まずはその地域にある近くのハローワークに行きます。

そして、現在仕事に就いておらず働きたいと考えている意志を伝え、求職の申し込みをします。

その後、就職相談をする中で「求職者支援制度」を利用したい旨を伝え、「日本語教師養成講座」のコースを選び申し込みに進みます。

コースの説明会や訓練施設の見学を実施しているところもあるので、事前にコースの内容や訓練施設の雰囲気などを知ることができます。

ハローワークで日本語教師養成講座を受講中にすべきことは就職活動の準備を進めておくこと

受講修了後にすぐに働き始められるように、就職活動の準備は早めに進めていくと良いです。

主な就職先となる日本語学校では学校の各学期の始まりに合わせて採用をするところが多いようです。

中には、採用時期は決めずに随時募集をしている学校もあります。

採用活動時期になると、日本語教育機関の合同説明会や学校ごとの個別説明会、また学校見学が開催されていますので、参加をしてまずは情報収集することをお勧めします。

就職支援は、ハローワークと訓練施設で受けられますので、受講中にも面接準備などを同時に進められると受講後の就職に向けて万全の準備ができます。

就職準備と関連して、年1回行われる「日本語教育能力検定試験」の合格を目指すことも重要なポイントです。

日本語教師養成講座を修了することで、日本語教師になるための条件を満たすことができます。

しかし、「日本語教育能力検定試験」に合格をしていると、就職先で資格手当をもらうことができる場合もあり、プラスの評価を受けることに繋がります。

ハローワークで日本語教師養成講座修了後、日本語教師として活躍できる場所は?

日本語教師養成講座を修了後、日本語教師になる要件を満たしたら、晴れて日本語教師として働くことができます。

日本語教師は、国内外を問わずに様々なフィールドで活躍することができます。

現在では、日本語学校、オンライン授業の講師や企業派遣など、働く場所は多様化しています。

自分自身に合った職場、働き方を見つけて、世界の人々に日本語や日本文化の魅力を伝えて行きましょう。

【ハローワークで日本語教師】まとめ

・ハローワークの「求職者支援制度」を利用すると、日本語教師養成講座の受講費用が無料になる
・条件は「無職で失業保険が受給できない、働く意志がある人」
・受講前に「受講期間・授業スケジュール・場所」を確認
・採用試験があり、必ず受講できるとは限らない
・自費でスクールへ通う場合とのメリット・デメリットを比較する
・受講中は就職活動の準備を早めに行い、「日本語教育能力検定試験」合格も目指そう

The following two tabs change content below.
日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。
ハローワーク日本語教師