日本留学AWARDS、拓殖大学が大賞校に

日本語教育機関の質的向上を図る目的で設立された一般社団法人日本語教育振興協会では、全国の「日本語学校教職員が選ぶ留学生に勧めたい進学先」アンケートを毎年実施し、その結果を日本留学AWARDSにて表彰している。今年度は新型コロナウイルスの影響でオンライン表彰式(9月26日)となったが、拓殖大学は東日本私立大学文科系部門で5年連続入賞(5校入賞)となり、その中で今年は初の「大賞校」に選ばれた。

拓殖大学が日本語教育機関に評価されている主な理由は以下のとおりとなる。本学の日本語教育は1961年にインドネシア政府派遣留学生を受け入れたことからスタートし、現在までおよそ60年の長きにわたって培ってきた教育実績が評価されたものと考えている。

  • 学習面での留学生サポート
  • 日本語学校との連携
  • 留学生に配慮した入試制度

参照:拓殖大学HP

The following two tabs change content below.
日本語教師 E

日本語教師 E

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で就業経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター