【口コミあり◎】アークアカデミー日本語教育能力検定試験対策講座の良い点・悪い点まとめ

  • 日本語教育能力試験対策講座を受講or独学?どっちがいいの?
  • アークアカデミーの検定試験対策講座の内容は?
  • アークアカデミーの評判は?満足度はどれくらい?

今回は、上記のような情報を知りたい!という方に役立つ情報をまとめた記事となっています!

アーク アカデミーの検定対策講座については、受講生に聞いたアンケートによる口コミ・評価についても含めて解説します◎

アークアカデミーの検定対策講座を検討中の方には、特に参考なる情報満載なのでぜひ最後まで目を通していただけると嬉しいです!

日本語教育能力検定試験の基本情報

まずは、日本語教育能力検定試験とはどのような試験なのか、概要の解説します!

日本語教育能力検定試験は、「公益財団法人日本国際教育支援協会が主催し、公益社団法人日本語教育学会が認定している、日本語教育を行う専門家として基礎的水準に達しているかを検定する試験」です。

この検定試験に合格すると、日本語教師として働く際に求められる条件を満たすことができます!

日本語教師として働くための一般的な条件

以下いずれかの条件を満たしていることが必要

  • 大学にて日本語教育専攻または副専攻
  • 日本語教師養成講座(420時間以上)修了+大学卒業
  • 日本語教育能力検定試験合格

検定試験の受験日程や受験費用の概要はこちらです!

  • 受験日程:毎年1回(例年は10月)
  • 受験費用:税込10,800円
  • 受験地 :全国7か所(札幌、仙台、東京、愛知、大阪、広島、福岡)
  • 合格率 :約20~30%

>>日本語教育能力検定試験についてさらに詳しく知りたい方はこちら

【日本語教育能力検定試験とは?まとめ】受験予定or興味がある方必見!!

2020/8/3

日本語教育能力検定合格のためには対策講座or独学?どちらがいい?

日本語教育能力検定試験に合格するために、対策講座を受講すべきか?独学すべきか?悩む方はたくさんいると思います。

結論としては、自分に合う学習スタイルを選ぶことが一番大切です!

独学でも十分合格は目指せますし、対策講座を受講したら必ず合格する!というわけでもありません。

独学と対策講座に通うのにも、それぞれメリット・デメリットがあります!

ここでは、独学で目指す場合と対策講座を受講する場合、それぞれについて解説しますので、自分に合う方法で試験合格に向けて準備をしてみてくださいね◎

「独学」はこんな人におすすめ!

独学で合格を目指すために必要な学習期間は、平均で6ヶ月〜1年ほどと言われています。

自分で学習計画を立てて、参考書を購入し学習を進めていきます。

「まずは基礎的な知識を頭に入れて、その後は過去問をたくさん解いていく」というような流れとなります。

具体的な独学方法について詳しく知りたい方はこちら↓

【完全独学】日本語教育能力検定試験「合格」までのすべて!

2020/5/3

独学で学習することの最大のメリットは、やはり経済的な負担をかけずに合格を目指すことができることですね◎

学習にかかる費用は、参考書代のみになります◎

反対に、もちろんデメリットもあります・・・!

学習計画から参考書選び、学習を進めていく過程を、すべて自分1人で行う必要があります!

自立して学習ができなければ、万全の準備ができないまま受験することになってしまうかもしれません・・・。

以上の「独学のメリット・デメリット」を踏まえて、どのような人が独学に向いているのかをまとめました↓

こんな人が独学に向いている!

  • できるだけお金をかけない方法で日本語教師になりたい
  • 自分で学習計画を立てて、自由なスタイルで勉強したい
  • 独学に自信がある!

「試験対策講座」はこんな人におすすめ!

まず、試験対策講座を受講する場合の受講費用の目安は、約3~10万円となっています。

受講スタイルは、最近は通信で受講できるスクールがかなり増えていますが、通学型のみで開講しているところもあります。

学習期間は、1ヶ月間の試験直前対策講座から、基本からすべてみっちり教えてもらえる6ヶ月間の講座までさまざまあります!

検定対策講座に通うことの最大のメリットは、「自分で学習計画を立てる必要がなく、効率よく学習が進められること」ではないでしょうか!

また、通学受講の場合は「一緒に学習する仲間がいてモチベーションが保てる」という点も嬉しいポイントです◎

反対に、デメリットは独学よりも経済的な負担が大きいというところです。

そして、通学受講の場合は決められた時間や場所で受講する必要もあります。

以上のメリット・デメリットを踏まえた結果、どのような人が検定対策講座に向いているのかをまとめました↓

こんな人が検定対策講座に向いている!

  • 独学にあまり自信がない
  • 効率的に学習を進めたい!
  • 一緒に学習する仲間がいてほしい(通学受講の場合)

【修了生の口コミ】主要な日本語教育能力検定試験対策講座の評価まとめ!

2021/2/1

アークアカデミーの日本語教育能力検定試験対策講座って?

ここからは、アークアカデミーの検定対策講座について徹底解説します!!

アークアカデミーは、1986年に日本語学校を開校し、翌年に日本語教師養成講座を開講している日本語教師養成としては歴史のあるスクールです!

校舎は、新宿駅前校の1校舎のみです。

住所:
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル地下1階

アークアカデミーが開講している検定対策講座は、こちらの2つです!

検定試験対策講座(在宅パック) 60,000円(税別)
検定試験対策講座(通学) 80,000円(税別)

上記2つとも内容は同じで、以下のような流れで学習を進めて行きます↓

① 基礎固めトレーニングをWEBで行う(在宅パック、スクーリング共通)

② 検定対策教材で実力を上げていく(在宅パック→WEB、スクーリング→校舎での授業)

  ※ 同時に実力テストや過去問も進める

基礎から過去問までの試験直前対策まで、学習準備に必要なことを総合的に教えてもらえる講座内容ですね◎

在宅パックはすべての学習をWEBで完結させる、スクーリングの場合は基礎固めが終わったら、実力を上げていく学習段階で校舎に通います。

2021年1月現在で、公式HPに公開されているスクーリングにスケジュールはこちらです↓

授業期間 7月17日(土)~9月25日(土)の土曜日・全10回
授業時間 10:00~13:15(90分×2回)

 

以上が、アークアカデミーの検定対策講座についての基本情報でした!

上記を踏まえて、アークアカデミーの検定対策の特徴を3つ挙げました↓

他のスクールと比較する際に、ぜひ参考にしてみてくださいね◎

アークアカデミーの特徴

  • 通信型が増えている中、通学型も選べる!
  • 基礎から過去問対策まで、総合的に学べる内容!
  • 日本語教師養成の長い歴史がある!

アークアカデミーの日本語教育能力検定試験対策講座の口コミ!満足度は!?

ここからは、アンケートをもとにアークアカデミーの検定対策講座の口コミ情報をまとめて解説します!

まずは、「アークアカデミー の講座を5段階(5が最高、1が最低)で評価するといくつですか?」との質問に対しての結果です。

評価の理由を良い点・悪い点を合わせて記載しています。

総合点:4.0
良い点
  • 教材が豊富だったため。
  • 教師の質が高かったため。
マイナスな点
  • 受講費用が高いと感じたため。
  • ある人の口コミ1

教材がたくさんあり勉強が非常にしやすかったです。もし対策講座を検討中に方がいたら、ぜひおすすめしたいです!

  • ある人の口コミ2

講師の方々の質がとても高いなと感じました!ですが、受講費用がもう少し安ければ・・と思いました。

以上が、アークアカデミー検定対策講座の口コミでした!

受講費用が少し高いとの声があったものの、教材や講師など講座内容に満足する声は多くありましたね◎

最後に、日本語教育能力検定試験合格を目指している方の中で、もし経済的・時間的な余裕がある方は、ぜひ日本語教師養成講座の受講も検討してみてください!!

養成講座を受講すると、教案の書き方を学んだり、実際に教壇に立って教える実習を経験することができます!

このような実践的なことは、検定試験ための学習の中では学ぶことができません・・・。

実践的なことも学んだ上で、日本語教師としてデビューしたい!と考えている方は、ぜひ養成講座も受講してみることをおすすめします◎

「養成講座も受けようかな?」と思った方は、お住まいの近くにあるさまざまなスクールの資料を無料でまとめて請求できるサービスもありますので、ぜひご利用ください!

//完全無料で資料請求//

【アークアカデミーの日本語教育能力検定試験対策講座】まとめ

  • アークアカデミーは、日本語教師養成の長い歴史を持つ学校
  • 基礎から過去問まで”総合的”に対策してもらえる◎
  • 通学型と通信型どちらも選べる◎
  • 教師や教材の質は高く評価されている!
  • 受講費用がやや高いとの声も・・・
  • 余裕がある人は、養成講座受講も検討すべき!!
The following two tabs change content below.
伊藤えり子

伊藤えり子

関東在住の現役日本語教師。日本語教育能力検定試験、日本語教師養成講座を保持。実際の指導はもちろんのことオンライン事業立ち上げや教材の開発、また一般企業で経験を活かした独自の視点で情報を発信中。日本語情報バンクのライター