【文法解説】日本語能力試験JLPT N2「~んだから/のだから」例文・導入・誤用例も!

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!
  • 日本語能力試験JLPT N2の文法「~んだから」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~んだから」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~んだから/のだから」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

~だから

〈英訳〉because~

接続

V-普通形/いA+んだから(のだから)

なA/N+な+んだから(のだから)

JLPTレベル

日本語能力試験JLPT N2

該当文法が使わているテキスト

文法「~んだから/のだから」を使った例文

  • 初心者なのだから、失敗するのは当たり前です。
  • 病気なんだから、寝てなきゃだめでしょう。
  • 子供じゃないんだから、自分のことは自分でやりなさい。
  • まだ小さいんだから、わからなくても仕方がありません。
  • 忙しいんだから、そんな話ならあとにしてください。
  • こっちも大変なんだから、手伝ってよ!
  • 彼女はおしゃべりなんだから、秘密は言わない方がいいですよ。
  • 誰もやったことがないのだから、不安になるのは当然です。
  • 勉強しているんだから、静かにしてください。
  • 結婚したんだから、何でも夫婦で話し合うべきです。

文法「~んだから/のだから」を使った導入例

導入例1

先生
二人の学生が話している場面を提示します。

A:この間、アルバイト先で、店長に叱られたよ。

B:どうして?

A:同じアルバイトの田中さんとけんかになって、店の物を壊しちゃったんだ。

B:そりゃ、店の物を壊したんだから、叱られて当然ね。

A:まぁ…ね。でも、先に悪口を言ってきたのは田中さんなんだよ?

B:子供じゃないんだから、アルバイト先でけんかなんてしたらだめよ。

先生
ここで学習者にBさんがAさんに何と言ったか確認します。

教師:店の物を壊したんだから、叱られて当然だと言いました。

教師:子供じゃないんだから、アルバイト先でけんかをしてはいけないと言いました。

導入例2

先生
夫と妻が話している場面を提示します。

妻:あなた、起きちゃだめよ。病気なんだから寝てないと。

夫:仕事がこんなにたくさんあるんだから、寝てばかりいられないよ。

妻:仕事と自分の体とどっちが大事なの?!

夫:・・・。

妻:体は一つしかないんだから、大事にしないとだめよ!

先生
ここで夫と妻がそれぞれ何と言ったか確認します。

生徒:妻は夫に、病気なんだから寝てないといけないと言いました。

生徒:夫は妻に、仕事がたくさんあるんだから、寝てばかりいられないと言いました。

生徒:妻は夫に、体は一つしかないんだから、大事にしないとだめだと言いました。

ポイント

「~んだから」を使うとき、~は話し手、聞き手双方にとって明らかであること

でなければなりません。

 

<導入例1>の「店の物を壊した」こと、「Aさん(と田中さん)が子供でない」こと

は、AさんもBさんもわかっていること、

<導入例2>の「病気である」こと、「仕事がたくさんある」こと、「体は一つである」こと

は、夫も妻もわかっていることだという点を、学習者にしっかりと伝えましょう。

学習者がよくする文法「~んだから/のだから」の誤用例

単に理由を表す場合には使用不可

<例1>×たくさん歩いたんだから疲れました。(→ 〇たくさん歩いたから)

<例2>×しっかり勉強したんだから、明日の試験はいい成績が取れるだろう。

(→ 〇しっかり勉強したから)

※相手に言う場合には使用可

→ 〇今までしっかり勉強したんだから、きっといい成績が取れるはずですよ。

(「しっかり勉強した」という事実を話し手も聞き手も知っている)

プラスアルファ

「~んだから」には、聞き手を同意、同調させたいという話し手の意図が含まれています。

<例1>

病気なんだから、寝てなきゃだめでしょう。

(寝ていない相手を説得して、寝るように促している)

<例2>

勉強しているんだから、静かにしてください。

(静かにしてほしいという話し手の気持ちに同意を求めている)

 

The following two tabs change content below.

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。