【文法解説】日本語能力試験JLPT N2「~はもとより」例文・導入・類似文法も!

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!
  • 日本語能力試験JLPT N2の文法「~はもとより」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~はもとより」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~はもとより」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

~はもちろん(…も)
〈英訳〉not only~(but also…)

接続

N+はもとより

JLPTレベル

日本語能力試験JLPT N2

該当文法が使わているテキスト

文法「~はもとより」を使った例文

  • 来日当初は、漢字はもとより、ひらがなもわかりませんでした。
  • この難局を乗り切るには、政府はもとより、民間企業の協力も必要です。
  • 勤務中はもとより、休みの日も今回のプロジェクトについて考えています。
  • はもとより、心の健康も軽視できません。
  • 授業中はもとより、自宅でも勉強しなければ、合格は難しいでしょう。
  • 目上の人にはもとより、誰に対しても敬意をもって接するべきです。
  • 社員はもとより、アルバイトの人にもコスト削減のために努力してほしいです。
  • 手術を受ける際は、患者本人はもとより、そのご家族にも説明を行います。
  • サッカーファンはもとより、多くの国民がサッカー日本代表を応援しました。
  • 料理はもとより、掃除や洗濯など、家事全般が好きです。

文法「~はもとより」を使った導入例

導入例1

先生
医者と患者が話している場面を提示します。

医者:◆◆さん、もう少し痩せないとだめですよ。

患者:ええ、頑張って食べる量は減らしているんですが…。

医者:運動はしてますか?ダイエットのためには、食事はもとより、運動もしないと。

患者:運動がなかなか続けられないんです。

医者:それに、甘い物はやめてますか。

患者:いやぁ、甘い物はストレス解消のためにやめられませんよ。

はもとより、心の健康も大事でしょう。

医者:そんなこと言って、体を壊したら、どうしようもないでしょう!

もっと頑張ってやせてください!

先生
ここで「~はもとより」が使われている表現を確認します。

教師:ダイエットのためには、食事はもとより、運動もしないといけません。

食事はもちろんですが、運動も必要です。

教師:体はもとより、心の健康も大事です。

体はもちろんですが、心の健康も大事です。

導入例2

先生
日本人のAさんと外国人のBさんが話している場面を提示します。

A:Bさんは、日本語がとても上手ですね。

B:いえ、それほどでもありませんが、もう10年日本に住んでいますから。

A:10年も日本にいらっしゃるんですね。

B:ええ。日本へ来たばかりのころは、会話はもとより、自己紹介もできなかったんですよ。

A:そうなんですか。信じられません。

私なんて、英語はもとより、外国語は全然できないんですよ。

B:練習すれば、できるようになりますよ。

先生
ここで「~はもとより」が使われている表現を確認します。

教師:会話はもとより、自己紹介もできませんでした。

(日本語で)会話は(難しいから)もちろんできないし、自己紹介もできませんでした。

教師:英語はもとより、外国語は全然できません。

英語はできないし、だからもちろん他の外国語もできません。

似ている文法

~はもちろん」と置き換え可能です。

ただし~はもとより」の方が硬い言い方なので、一緒に使われる語彙や使われる場面も硬くなります。日常会話では、よりカジュアルな「~はもちろん」を使うのが自然でしょう。

ワンポイント

先生
~はもちろん」と意味に大差ないので、そちらを導入、練習してから、同じ意味の硬い表現として「~はもとより」を導入したほうが、効率的に学習でき、学習者にとってもわかりやすいでしょう。
The following two tabs change content below.

日本語教師キャリア マガジン編集部

日本語教師キャリア マガジン編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。