【文法解説】日本語能力試験JLPT N2「~あげく」例文・導入・誤用例も!

 

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験JLPT N2の文法「~あげく」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~あげく」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~あげく」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

いろいろ〜したけど、最後は…。
(努力したが、残念な結果になった)

長い間何かが続いて、結果がでたときに使います。悪い結果になることが多いです。

〈英訳〉after much…ended up…
〈中国語訳〉終究…/…之後,結果

接続

Vた/Nの+あげく(Nはする動詞のN)

JLPTレベル

日本語能力試験JLPT N2

該当文法が使わているテキスト

文法「~あげく」とよく一緒に使われる単語

  • さんざん
  • いろいろ
  • 長い時間
  • 結局

文法「〜あげく」を使った例文

  • チンさんは何度も遅刻や欠席を繰り返したあげく、退学処分となってしまった。
  • 新発売のゲームを買いに来たが、開店前から長時間並んで待たされたあげく結局売り切れになって買えなかった。
  • なくしてしまった指輪は、さんざん探したあげく、見つけることはできなかった。
  • 好きな人のためにいろいろ尽くしてきたが、さんざん利用されたあげく、捨てられてしまった。
  • 佐藤さんはこれからの人生について考えたあげく、あっさりと仕事をやめてしまった。
  • 彼女とは連日の喧嘩のあげくに別れ話となってしまった。
  • 鈴木くんは泥酔のあげくに隣にいた男と喧嘩となり、パトカーのお世話になった。
  • 戦争中は、栄養失調のあげくに亡くなってしまった人が多くいる。

文法「~あげく」を使った導入例

導入例1

先生
自分(先生)が買い物に行ったのに、優柔不断で結局買えなかった、という場面を提示します。

先生: この前、お休みの日に本屋に行ったんです。おもしろい漫画が読みたかったんですが、何を読んだらいいか悩んでしまって…。

2時間くらい、立ち読みしたりスマホでおもしろい漫画を調べたりして何を買うか悩みました。でも結局何も買わないで帰りました。

本屋でどの漫画を買うか2時間も悩んだあげく、なにも買わずに帰りました。

導入例2

先生
遅刻してしまった学習者の場面を提示します。

先生:Sさんは寝坊してしまいました!電車の時間まであと20分です。あわてて準備して急いで家を出て、一生懸命に走りましたが、結局電車に乗り遅れてしまいました。

一生懸命に走ったあげく、電車に乗り遅れてしまいました。

先生
ここで学習者に文を作る練習をしてもらいましょう。

先生:今日はデートの日なのに、彼(彼女)が来ません。
1時間も待っていましたが、結局デートは中止になりました。

学生:彼(彼女)を1時間も待ったあげく、結局デートは中止になりました。

先生:彼(彼女)とは最近毎日口ゲンカを繰り返しています。性格が合わないので、結局別れることになりました。

学生:彼(彼女)と口ゲンカを繰り返したあげく、別れることになりました。

先生:Aさんはお金がなくて困っています。いろいろ迷いましたが、車を売ることにしました。

学生:Aさんはお金がないので、いろいろ迷ったあげく、車を売ることにしました。

先生:Bさんは毎日残業をしています。そんな生活を続けていたら、倒れて入院してしまいました。

学生:Bさんは毎日残業をしたあげく、倒れて入院してしまいました。

先生:「毎日の残業のあげく」もいいですよ。

学習者がよく間違う似た文法

〜すえに

先生
次のふたつの文を見てください。

  • 彼と口ゲンカを繰り返したあげく、別れることになった。(○)
  • 彼と口ゲンカを繰り返したすえに、別れることになった。(×)

先生
どちらの文も問題ないですね。では次の文はどうでしょうか?

  • 実験は何度も失敗したあげく、やっとうまくいった。(×)
  • 実験は何度も失敗したすえに、やっとうまくいった。(○)

先生
この文だと「あげく」は使えませんね。

先生
あげくは後件にいいことや軽いことは使えません。

学習者がよくする文法「~あげく」の誤用例

先生
「あげく」は「いろいろ・さんざん・長い時間」といった言葉といっしょに使い、1回だけのことには使いません。

例) 昨日、部長と喧嘩したあげく会社を辞めた。

先生

毎日のように喧嘩を繰り返していた場合はOKですが、1回だけ喧嘩して会社を辞めた場合、「あげく」は使えません。

また、繰り返すことや長い時間続くことに使うので、瞬間動詞も使えません。

例)タンさんは結婚したあげく、すぐに離婚してしまった。

The following two tabs change content below.

日本語教師キャリア マガジン編集部

日本語教師キャリア マガジン編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。