【文法解説】日本語能力試験JLPT N3「~こそ」例文・導入も!

 

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験JLPT N3の文法「~こそ」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~こそ」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~こそ」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

強調する表現

〈英訳〉refers to emphasize
〈中国語訳〉表示強調

接続

名詞 + こそ

JLPTレベル

日本語能力試験JLPT N3

該当文法が使わているテキスト

文法「~こそ」とよく一緒に使われる単語

名詞

  • 彼/彼女・・・など人を表す名詞
  • 明日/今年・・・など時間を表す名詞
  • その他、次/今度/これ・・・など

文法「~こそ」を使った例文

  • この景色こそ、私がずっと見たいと思っていた景色です。
  • こそが私の尊敬する人です。
  • 彼女こそ、今一番人気のある女優だ。
  • こそは、絶対にN3に合格したいです。
  • 今度こそ、勝ちたいです。
  • 外国語は話すことこそ、一番の練習だ。
  • 練習を続けることこそが、上手になる方法です。
  • 私にとって、カラオケこそが、ストレス解消になります。
  • 明日こそ、ダイエットを始めます。
  • 今年こそ、英語が上手になりたい。

文法「~こそ」を使った導入例

導入例1

先生
好きな食べ物について話します。

T:みなさんはどんな食べ物が好きですか?

(学習者と好きな食べ物について話し、雰囲気作りをします。)

 

T:私はケーキがとても好きです。でも、ケーキは太りますね。

いつもダイエットをしようと思っています。

正月のとき、思いました。先月も思いました。昨日も思いました・・・でもまだダイエットを始めていません。

明日です。絶対・・・

(「は」を強調しながら)

 

明日はダイエットを始めます。

明日こそ、ダイエットを始めます。

(ホワイトボードに板書します。)

(「明日」を強調して板書するといいです。)

 

T:「~こそ」はここ(「こそ」の前を指しながら)を強く言いたいとき、使います。

先生
板書を上手に使って、視覚的に伝えるとよりわかりやすいです。

導入例2

先生
「ストレス」について話します。

T:みなさんはストレスがありますか?

S:はい、あります。/いいえ、ありません。

(どんなときストレスがあるか、「ストレス解消」の言葉の確認などをし、雰囲気作りをします。)

 

T:ではストレスをなくしたいです。みなさんはどうしますか?1番の方法は何ですか?

S:韓国ドラマを見て泣きます。

T:そうですか。

(「は」を強調しながら)

Sさんは韓国ドラマを見て泣くことは、ストレス解消の1番の方法です。

(ホワイトボードに板書します。)

韓国ドラマを見て泣くことこそ、ストレス解消の1番の方法です。

 

T:「~こそ」はここ(「こそ」の前を指しながら)を強く言いたいとき、使います。

(導入文を使って、接続を確認しましょう)

先生

動詞は「辞書形+こと」で名詞化します。学習者のレベルに合わせて、これについても確認しておきましょう。

 

The following two tabs change content below.
日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。