【文法解説】日本語能力試験JLPT N2「~を契機に/契機として」例文・導入・よく聞かれる質問も!

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!
  • 日本語能力試験JLPT N2の文法「~を契機に」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~を契機に」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~を契機に/契機として」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

~を機会に・~のときから

〈英訳〉with an opportunity of~ / since~

接続

N+を契機に・契機として

JLPTレベル

日本語能力試験JLPT N2

該当文法が使わているテキスト

文法「~を契機に/契機として」とよく一緒に使われる単語

名詞

  • 事件
  • 震災
  • 災害
  • 結婚
  • 出産
  • 問題

文法「~を契機に/契機として」を使った例文

  • その事件を契機に、法律が改正されました。
  • 震災を契機に、耐震工事が進められました。
  • 10年前の水害を契機に、防災意識が高まりました。
  • 結婚を契機に、それまで勤めた会社を辞めました。
  • 出産を契機に、幼児教育に興味を持ち始めました。
  • 今回の問題を契機に、人々の関心が高まりました。
  • その映画のヒットを契機に、彼女は人気女優となりました。
  • プロジェクトの成功を契機として、A社への発注は3倍になりました。
  • テロを契機として、空港の警備が強化されました。
  • 大統領の発言を契機として、国民の間で論争が起きています。

文法「~を契機に/契機として」を使った導入例

導入例1

先生
元スポーツ選手がインタビューを受けている場面を提示します。

インタビュアー:今日は、元水泳選手の中田さんにお話を伺います。

中田:こんにちは。よろしくお願いします。

インタビュアー:中田さんは現在、料理研究家として活躍していらしゃいますが、

どうして選手から料理研究家になられたんですか。

中田:引退を契機に、何か新しいことを始めたいと思ったんです。

インタビュアー:選手時代から、料理に興味はお持ちだったんですか。

中田:ええ、スポーツ選手にとって食事は大切ですから。そして、結婚と出産を契機として

人を喜ばせる料理を作りたいと思うようになったんです。

インタビュアー:ありがとうございます。今後のご活躍を楽しみにしています。

先生
ここで学習者に中田さんがどうして料理研究家になったか質問します。

生徒:引退を契機に、新しいことを始めたいと思ったからです。

生徒:結婚と出産を契機として、人を喜ばせる料理を作りたいと思うようになったからです。

導入例2

先生
テレビで、ニュースキャスターがニュースを伝えている場面を提示します。

キャスター:今月から飲酒運転に関する新しい法律が施行され、より罰則が厳しくなります。

飲酒運転については、3年前の死亡事故を契機として、法律の改正が検討されていました。

今回の法改正を契機に、飲酒運転がなくなるよう、祈るばかりです。

先生
ここで学習者に「~を契機に」が使われている部分を確認します。

教師:死亡事故を契機として、飲酒運転の法律が改正されました。

教師:法改正を契機に、飲酒運転がなくなることが望まれます。

学習者からよく聞かれる質問

「~をきっかけに」との違い

~を契機に」は、人生や時代、社会において大きな節目となるような出来事を表し、

~きっかけに」は、単なる始まりを表すため、口語表現でより多く用いられます。

<例>

△ 傘を貸してもらったことを契機に、彼と親しくなった。

(「契機に」が使えないことはないが、やや仰々しい印象)

→ ○ 傘を貸してもらったことをきっかけに、彼と親しくなった。

【文法解説】日本語能力試験 JLPT N2「~がきっかけで」「~をきっかけに」例文・誤用例も!

2021/4/7

The following two tabs change content below.
日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。