【文法解説】日本語能力試験JLPT N2「〜以上は」例文・導入・類似文法も!

 

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験JLPT N2の文法「~以上は」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~以上は」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~以上は」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

〜のだから、当然…

〈英訳〉so long as…
〈中国語訳〉正困為…

接続

普通形+以上は…
(なA/Nである)

JLPTレベル

日本語能力試験JLPT N2

該当文法が使わているテキスト

文法「~以上は」とよく一緒に使われる表現

文法

  • 〜なければならない
  • 〜するべきだ
  • 〜つもりだ
  • 〜に違いない
  • 〜はずだ

【文法解説】日本語能力試験 JLPT N5「~なければならない」例文・導入例・誤用例も!

2021/4/9

文法「〜以上は」を使った例文

  • この学校に入学した以上は、学校のルールを守らなければならない。
  • 日本に留学すると決めた以上は、絶対にN2に合格するぞ。
  • 一度やると引き受けた以上は、最後まで責任を持って仕事をしないと。
  • N1を受ける以上は、当然しっかり勉強するべきです。
  • 契約書にサインした以上は、規則を守っていただかないと困ります。
  • 希望の部署に配属された以上は、必ず結果を出したい。
  • 学生である以上は、勉強を第一にしなさい。
  • 大学を卒業し社会人になった以上は、親に頼ってばかりはいられない。
  • 新型ウイルスが流行している以上は、マスクをしない生活はありえない。
  • 現在、証拠がない以上は、彼が犯人だと決めつけることはできない。

文法「~以上は」を使った導入例

導入例1

先生
契約書にサインをするという場面を提示します。

先生:みなさんはアルバイトをしたことがありますか。アルバイトをするときは、「雇用契約書」にサインをします。

では、コンビニでアルバイトをする場合の雇用契約書を見てみましょう。

雇用契約書には…

「時給1000円」「17時~21時まで勤務」「何度も遅刻をしたら解雇」などが書いてありますね。

では、みなさんはこの雇用契約書をみて、アルバイトをすることにしたので、サインをしました。

20時に出勤してもいいですか? 遅刻をしてもいいですか?

だめですよね。契約書にサインした以上は、約束を守らなければなりません。

契約書にサインをしたので、当然約束を守らなければなりませんよね。

先生
もう少し説明します。

「以上は」は「〜だから、当然…だ」「〜だから、〜する必要がある」「〜だから、必ず…だ」という意味です。

なにか責任や覚悟をもってすることの動詞について、「それをする/した状況では」覚悟をもって責任をもたなければならない、という決意・勧告・義務などの表現が続きます。

導入例2

先生
日本に留学するときに決めた目標を聞きます。

先生:みなさんは日本に留学に来ましたね。日本への留学を決めたとき、日本へ行ったらどんなことをしたいと思っていましたか?

どんな目標がありましたか?

学生:有名大学に合格したいです。

→日本に留学した以上は、有名大学に合格したいです。

 

学生:日本人の友達をたくさん作りたいです。

→日本に留学した以上は、日本人の友達を作りたいです。

学習者がよく間違う似た文法

からには・上は・以上は

先生
文の硬さで比べてみましょう。

上は>以上は>からには

先生
「からには」は会話で使うことが多く、「以上は」は硬い表現です。「上は」はもっと硬く、会話ではほとんど使いません。重い決断や覚悟を言うときに使われます。また、公的な場面や書面で使われます。

「からには」(主観的。話者の意見という意味が強い)

信頼できる教授が言うからには、それは事実なんだろう。(◎)
信頼できる教授が言う以上は、それは事実なんだろう。(〇)
信頼できる教授が言う上は、それは事実なんだろう(?文語的表現なので違和感)

「上は」(かなり硬い表現。重い決断や覚悟を言う)

万引きをして警察につかまった。こうなった上は、退学になっても仕方がない。

【文法解説】日本語能力試験JLPT N3「~からには」例文・導入・類似文法も!

2021/4/30
The following two tabs change content below.
日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。