【文法解説】日本語能力試験JLPT N5「~あとで」例文・導入・誤用例・よく聞かれる質問も!

 

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験JLPT N5の文法「~あとで」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~あとで」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~あとで」の概要

 

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

〜してから

〈英訳〉after

接続

Vた形+ あとで
N + のあとで

JLPTレベル

日本語能力試験JLPTN5

該当文法が使わているテキスト

文法「~あとで」とよく一緒に使われる単語

動詞

  • 書きます
  • 読みます
  • 起きます
  • 食べます
  • 来ます
  • 勉強します

名詞

  • 勉強
  • 仕事
  • ご飯
  • 映画
  • テレビ
  • 料理

文法「~あとで」を使った例文

  • 手紙を書いたあとで、切手を貼ります。
  • 本を読んだあとで、テレビを見ました。
  • 郵便局に行ったあとで、図書館に行こう。
  • ご飯を食べたあとで、コーヒーを飲みましょう。
  • 勉強したあとで、遊びます。
  • 勉強のあとで、友達に会いました。
  • ご飯のあとで、薬を飲みます。
  • 映画のあとで、レストランに行きましょう。
  • テレビのあとで、お風呂に入りました。
  • 料理のあとで、洗濯をします。

文法「~あとで」を使った導入例

導入例1

先生
先生と学生がレストランについて話しているという場面を提示します。

先生:レストランで、何をしますか。

学生:料理を食べます。

先生:そのあとで、何をしますか?

学生:コーヒーを飲みます。

先生:料理を食べます。そのあとで、コーヒーを飲みます。

料理を食べたあとで、コーヒーを飲みます。

学生:料理を食べたあとで、コーヒーを飲みます。

導入例2

先生
Aさんが病院で医者から薬をもらうという場面を提示します。

医者:Aさん、今日はどうしましたか?

A:お腹が痛いです。

医者:いつから痛いですか?

A:昨日の夜からです。

医者:昨日の夜、何を食べましたか?

A:カレーとハンバーグと焼肉とアイスクリームを食べました。

医者:食べすぎですね。薬を出します。白い薬は食事の前に、飲んでください。青い薬は食事のあとで、飲んでください。

A : ありがとうございます。

 

学習者がよくする文法「~あとで」の誤用例

先生
辞書形で接続する学習者がいるので、た形の変換練習をしっかり行ってから、接続の練習をするようにしましょう。

ます形     た形     た形+あとで

書きます →  書いた →    書いたあとで

作ります →  作った →    作ったあとで

起きます →  起きた   →    起きたあとで

寝ます  →  寝た    →     寝たあとで

します  →  した    →     したあとで

来ます  →  来た    →     来たあとで

学習者からよく聞かれる質問


先生
「『~たあとで』と『~てから』はどう違いますか?」という質問がよく聞かれます。

「『V₁~たあとで、V₂』はV₁とV₂の前後関係を客観的に述べます。それに対し、『V₁~てから、V₂』は、V₁をするまでV₂をしないというニュアンスを持ちます」と答えましょう。

 

The following two tabs change content below.

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。