【文法解説】日本語能力試験 JLPT N5「~から」例文・導入例・誤用例も!

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験 JLPT N5の文法「〜から」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~から」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~から」の概要

意味

理由・原因
〈英訳〉”because”

接続

文1 + から + 文2

JLPTレベル

日本語能力試験 JLPT N5

該当文法が使わているテキスト

文法「~から」とよく一緒に使われる単語

動詞

  • ある
  • する
  • いる
  • 言う
  • 疲れる

文法「~から」を使った例文

  • 来週は運動会がありますから、授業は休みです。
  • 忙しいですから、家で料理をしません。
  • お金がありませんから、買うことができませんでした。
  • 日本語がわかりませんから、テレビを見ません。
  • 時間がありませんから、タクシーで行きます。
  • あとで説明しますから、今は準備してください。
  • 仕事で疲れていますから、夜はすぐに寝ます。
  • 台風が来ますから、今日は家から出ないでください。
  • 教室で先生が待っていますから、すぐに行ってください。
  • ニュースを見ませんでしたから、昼から雨が降ることを知りませんでした。

文法「~から」を使った導入例

導入例1

先生
自動販売機の前でジュースを買うと言う場面を提示します。

先生:のどがかわきましたね。

A:飲みますか?

先生:はい、飲みます。(財布の中を確認する。)

あ!お金がありません。ジュースを買うことができません…

お金がありませんから、ジュースを買うことができません。

A:私のお金、あげます!

先生:いえいえ、大丈夫です。

先生
ここでキーフレーズを確認・板書して、他の学習者にもリピート練習させます。

先生:私は何と言いましたか?

学生:「お金がありませんから、ジュースを買うことができません。」

先生:「そうですね」

→ポイントの文を板書

導入例2

先生
学校で先生が生徒と話している場面を提示します。

学生:先生、私は毎日とても忙しいです。

先生:そうですか。

学生:だから、宿題ができません。

先生:毎日忙しいですから、宿題ができませんか

それは、だめです。他の人もみんな忙しいです。でも宿題をします。

学生:わかりました…

先生
ここで学習者に先生は学生に何を言ったか質問します。

生徒:先生は「毎日忙しいですから、宿題ができませんか。」と言いました。

先生:そうです。「毎日忙しいですから、宿題ができません」

→ポイントの文を板書

みなさん、これはダメですよ。宿題は毎日頑張りましょう!

学習者がよくする文法「〜から」の誤用例

先生
「〜から」の原因・理由が最初に来てしまう誤用があります。その際は以下のように指導して、文の作り方や順番に注意させましょう。

学生「宿題ができませんから忙しいです」

教員「どうして宿題ができませんか?」

学生「忙しいです」

教員「では、忙しいですから、宿題ができません。ですね。」

プラスアルファ: 「~から」を教える際のポイント

みんなの日本語を使って授業をする場合、学生はまだ普通形はわかりませんから、全てます形+からの形で導入しましょう。

先生
「ので」を知っている学生から、違いについて質問があるかもしれませんが、「ので」の方がフォーマルな(硬い)表現だと教えましょう。

ので=から
「から」の方がカジュアル
「ので」の方がフォーマル

The following two tabs change content below.

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。