【文法解説】日本語能力試験JLPT N4「~つもりだ」例文・導入・誤用例も!

 

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験JLPT N4の文法「~つもりだ」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~つもりだ」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~つもりだ」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

話し手の意志を表す
〈英訳〉intend to do

接続

V(辞書形 / ない形) + つもりだ

JLPTレベル

日本語能力試験JLPT N4

該当文法が使わているテキスト

文法「~つもりだ」とよく一緒に使われる単語

動詞

  • 行きます
  • やめます
  • 続けます
  • 勉強します
  • 帰国します

文法「~つもりだ」を使った例文

  • 夏休みはハワイへ旅行に行くつもりです。
  • 冬休みは故郷へ帰らないつもりです。
  • 私は来月アルバイトをやめるつもりです。
  • お金を貯めて車を買うつもりです。
  • クリスマスには友達にプレゼントをあげるつもりです。
  • 私は卒業後も日本語の勉強を続けるつもりです。
  • 週末は家で勉強するつもりです。
  • 大学を卒業した後、就職しないつもりです。
  • 大学を卒業したら、帰国するつもりです。
  • 日本語を勉強するために、日本へ留学するつもりです。

文法「~つもりだ」を使った導入例

導入例1

先生
先生と学生が夏休みの予定について話しているという場面を提示します。

先生:もうすぐ夏休みです。Aさんは夏休みは何をしますか。

A:私は夏休みは帰国します。

先生:Aさんは夏休みは帰国するんですね。

私は夏休みは帰国するつもりです。」(板書する)

A:私は夏休みは帰国するつもりです。

先生:Bさんは夏休みは何をしますか。

B:私は夏休みは帰国しません。

先生:Bさんは夏休みは帰国しないんですね。

「私は夏休みは帰国しないつもりです。」(板書する)

B:私は夏休みは帰国しないつもりです。

導入例2

先生
日本語学校で先生と学生が卒業後の進路について話している場面を提示します。

先生:Aさんは、卒業後は大学に進学するつもりですか。

A:はい、私は大学に進学するつもりです。

先生:Bさんは、大学に進学するつもりですか。

B:いいえ、大学に進学しないつもりです。

先生:そうですか。Bさんは、卒業後はどうするつもりですか。

B:私は日本で働くつもりです。

学習者がよく間違う似た文法

先生
「~予定だ」と混同する学習者が多いです。「~つもりだ」は話し手の意志を表す表現です。一方、「~予定だ」はすでに決まっていることを伝える表現です。

学習者がよくする文法「~つもりだ」の誤用例

先生
ます形で接続する学習者がいるので、変換練習をしっかり行ってから、接続練習に進んだ方がいいでしょう。

Vます形  →  V辞書形  → V(辞書形)+つもりだ

行きます →  行く     →  行くつもりだ

やめます →  やめる      →    やめるつもりだ

続けます →  続ける      →    続けるつもりだ

帰国します→    帰国する      →    帰国するつもりだ

The following two tabs change content below.

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。