【文法解説】日本語能力試験 JLPT N4「~間(あいだ)」例文・導入例・類似文法も!

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験 JLPT N4の文法「〜間(あいだ)」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~間(あいだ)」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~間(あいだ)」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

~の期間ずっと

〈英訳〉during / while

接続

先生
瞬間を表す動詞は「〜ている」、状態を表す動詞は「〜いる」「〜ある」の形で接続されます。

V普通形orている+

いAい+

なAな+

Nの+

JLPTレベル

日本語能力試験 JLPT N4

該当文法が使わているテキスト

文法「~間(あいだ)」とよく一緒に使われる単語

動詞

  • 読みます
  • 待ちます
  • 食べます
  • 乗ります
  • います

名詞

  • 休み
  • 試験
  • 学生
  • 病気
  • 旅行

文法「~間(あいだ)」を使った例文

  • 新聞を読むは、静かにして下さい。
  • 友達を待つ、ゲームをしていました。
  • ごはんを食べているは、テレビを見ません。
  • 電車に乗っている、音楽を聞きます。
  • カフェにいる、日本語を勉強します。
  • 休みの間、どこへも行きませんでした。
  • 試験の間は、携帯を見てはいけません。
  • 学生の間は、コンビニでアルバイトをしていました。
  • 病気の間は、彼女がご飯を作ってくれました。
  • 旅行の間、ずっと雨が降っていました。

文法「~間(あいだ)」を使った導入例

導入例1

先生
学生が電車やバスに乗っている間に何をするかを尋ねます。

先生:みなさん、うちから学校まで電車で来ますか、バスで来ますか。

学生A:電車で来ます。

先生:Aさんは電車で何をしますか。

学生A:音楽を聴きます。

先生:Aさんは、電車に乗ります。ずっと音楽を聴きます。電車に乗っている、音楽を聴きます。Bさんは、電車で何をしますか。

学生B:ゲームをします。

先生:Bさんは、電車に乗ります。ずっとゲームをします。電車に乗っている、ゲームをします。

先生
乗るは瞬間動詞なので、「電車に乗る間音楽を聴きます」ではありません。「乗る」「乗っている」のイラストを用いて、「〜ている」の形に変換することに気づかせるといいでしょう。

導入例2

先生
一日のうちで、いつ、どこで日本語を話すかについて尋ねます。

先生:みなさんはいつ、どこで日本語を話しますか。

学生:授業で話します。

先生:授業でずっと日本語を話します。「授業の間、日本語を話します。」

学生:アルバイトで話します。

先生:アルバイトでずっと日本語を話します。「アルバイトの間、日本語を話します。」

先生
授業、アルバイトは名詞であること、「の間」に接続することに気づかせます。

学習者がよく間違う似た文法

〜間に

  • 「〜間」は、時間幅の始まりから終わりまでずっとその動作を行うことを表します。
  • 「〜間に」は、時間幅の始まりから終わりのどこかで、一時的にその動作を行うことを表します。

例)

  • 日本にいる、富士山に登りたい。
  • 日本にいる間に、富士山に登りたい。

【文法解説】日本語能力試験 JLPT N4「〜間に」例文・導入例・誤用例も!

2021/4/10
The following two tabs change content below.

日本語教師キャリア マガジン編集部

日本語教師キャリア マガジン編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。