【文法解説】日本語能力試験 JLPT N3「お~だ」(敬語)例文・導入例・誤用例も!

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!
  • 日本語能力試験 JLPT N3の文法「お~だ」(敬語)を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「お~だ」(敬語)の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「お~だ」(敬語)の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

~していらっしゃいます・お~になります(尊敬)

〈英訳〉(respective expression of) doing something, to do something

接続

お+V-ます形+だ

JLPTレベル

日本語能力試験 JLPT N3

該当文法が使わているテキスト

文法「お~だ」とよく一緒に使われる単語

動詞

  • 待ちます
  • 持ちます
  • 帰ります
  • 戻ります
  • 決まります
  • 忘れます

文法「お~だ」を使った例文

  • お客様が待ちです
  • ご注文は決まりですか。
  • 何を読みですか。
  • 場所はわかりですか。
  • 部長が呼びです
  • 休みの日は、何をして過ごしですか。
  • 受付は済みですか。
  • どこに泊りですか。
  • お客様、何を探しですか。
  • 何時に着きですか。
  • 何時ごろ戻りですか。

文法「お~だ」を使った導入例

導入例1

先生
部長と部下が話しているという場面を提示します。

部長:来週の月曜日から、福岡に出張に行って来ます。

部下A:いつ戻りですか。

部長:水曜日に戻ります。

部下B:わかりました。ホテルは、決まりですか。

部長:博多駅の近くのいつものホテルに泊まります。

部下A:そうですか。

部下B:失礼します。部長、1階ロビーでお客様が待ちです

部長:わかりました。今、行きます。

先生
ここで学習者に部下は部長に何と言ったか質問します。

生徒:部下Aは、部長に「いつ戻りですか」と聞きました。

生徒:部下Aは、部長に「ホテルは決まりですか」と聞きました。

生徒:部下Bは、部長に「お客様が待ちです」と言いました。

導入例2

先生
セミナーの参加者が会場に来た場面を提示します。

松田(参加者):すみません、14:00からのセミナー会場はどちらですか。

受付係:こんにちは。受付は済みですか。

松田:いえ、まだです。

受付:では、こちらにお名前をご記入ください。パンフレットは持ちですか。

松田:はい、持っています。

受付:では、あちらのエレベーターで5階へお上がりください。

松田:ありがとうございます。

先生
ここで学習者に受付係が何と聞いたか質問します。

生徒:「受付はですか」と聞きました。

生徒:「パンフレットは持ちですか」と聞きました。

文法「お~だ」と似ている文法

先生
「お~になる」と同じ意味の尊敬表現ですが、「お~だ」慣用的に使われる表現で、用いられる動詞も限られているので、練習の際に、教師側で語彙を選別しコントロールすることが大切です。

学習者がよくする文法「お~だ」の誤用例

先生
①漢語につく場合は「ご~だ」となること、②特別な形に変換される動詞があるので注意が必要です。

①漢語につく場合

  • ご参加です
  • ご旅行です
  • ご出席です
  • ご欠席です
  • ご出発です
  • ご到着です

②特別な形

  • 行きます/来ます/います → おいでです
  • 来ます → お越しです/お見えです
  • 食べます → お召し上がりです
  • 着ます → お召しです
  • 寝ます → お休みです
  • 住んでいます → お住まいです
  • 知っています → ご存じです

(参考:「みんなの日本語中級Ⅰ 教え方の手引き」

 

The following two tabs change content below.

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。