【文法解説】日本語能力試験JLPT N3「~さえ」例文・導入・よく聞かれる質問も!

 

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験JLPT N3の文法「〜さえ」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~さえ」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~さえ」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

AさえB〜。
AでもBなのだから、他も当然Bだ。

〈英訳〉even

先生
話し手の感情や驚きを表します。

接続

Vます形   + さえ
N + 助詞 + さえ

JLPTレベル

日本語能力試験 JLPT N3

該当文法が使わているテキスト

文法「~さえ」とよく一緒に使われる単語

動詞

  • 聞きます
  • 謝ります
  • 片付けます
  • 言います
  • 払います

名詞

  • 時間
  • 家族
  • あいさつ
  • わたし

文法「~さえ」を使った例文

  • 人見知りなので、名前を聞きさえしなかった。
  • 悪いのは彼なのに、謝りさえしなかった。
  • 自分の食器を片付けさえしないなんて…。
  • あの人は名前を言いさえせずに帰ってしまった。
  • 妹は飲み物代を払いさえしなかった。
  • 今日は忙しくて、昼ごはんを食べる時間さえなかったんです。
  • 先週は水さえ飲めないくらい喉が痛かった。
  • 仕事をやめたことは、まだ家族にさえ言っていない。
  • あいさつさえせずに入るなんて失礼だ。
  • わたしでさえひらがなを覚えられました。

文法「~さえ」を使った導入例

導入例1

先生
パーティーで友達を作りたい場面を設定します。

先生:みなさんはパーティーに来ました。友達を作りたいです。話しかけます。何を聞きますか。

学生:名前は何ですか。

学生:仕事は何ですか。

学生:友だちになりませんか。

先生:いいですね。でもAさんは緊張して、名前を聞きませんでした。

学生:ええ、名前は一番に聞きます。

先生:はい。でも、Aさんは名前を聞きませんでした。

じゃあ、「仕事は何ですか」「友達になりませんか」をAさんは聞きましたか。

学生:いいえ…

先生:そうです。「名前を聞きます」は一番大切です。でも聞きませんでした。

他の質問も、聞きませんでした。名前を聞きさえしませんでした。

先生
ここで学習者に「さえ」の接続について問います。

(板書)聞きさえしませんでした。

先生:今日は「さえ」の勉強です。「さえ」の前は動詞の何形ですか。

学生:ます形です。「ます」は言いません。

先生:そうです。

(板書)聞きますさえしませんでした。

導入例2

先生
生徒に、日本語の勉強を始めた頃の話を聞きます。

先生:みなさんは、初めて日本語を勉強した時、ひらがなが読めましたか。

生徒:いいえ、読めませんでした。

先生:じゃあ、カタカナは読めましたか。

生徒:いいえ、読めませんでした。

先生:漢字は読めましたか。

生徒:いいえ、読めませんでした。

先生:今はひらがなは簡単です。でも、みなさんはひらがなが読めませんでした。

だから、カタカナと漢字も読めませんでした。

ひらがなさえ読めませんでした。

生徒:ひらがなさえ読めませんでした。

学習者からよく聞かれる質問

「すら」との違い

  • 「すら」は、良くない評価をするときに用いる。
  • 「すら」は、「さえ」よりも硬い表現。

The following two tabs change content below.

日本語教師キャリア マガジン編集部

日本語教師キャリア マガジン編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。