【文法解説】日本語能力試験JLPT N3「~込む」例文・導入・誤用例も!

 

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験JLPT N3の文法「〜込む」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~込む」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~込む」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

  • 内部への移動
  • 長い時間〜する/十分に〜する

接続

Vます形+込む

JLPTレベル

日本語能力試験JLPT N3

文法「~込む」とよく一緒に使われる単語

内部への移動

  • 飲みます
  • 飛びます
  • 書けます
  • 詰めます
  • 差します

長い時間〜する/十分に〜する

  • 考えます
  • 走ります
  • 話します
  • 煮ます
  • 教えます

文法「~込む」を使った例文

内部への移動

  • 間違えて、ガムを飲み込みました
  • プールに飛び込まないでください。
  • ここに答えを書き込んでください。
  • かばんに荷物を詰め込んで家を出ました。
  • ここにカードを差し込んでください。

長い時間〜する/十分に〜する

  • 山田さんはずっと考え込んでいます。
  • もうすぐマラソン大会ですから、今日は2時間走り込みました
  • 先生と母はもう1時間も話し込んでいる。
  • 今スープを煮込んでいますから、待ってください。
  • 先生はJLPTの文法を教え込みました。

文法「~込む」を使った導入例

内部への移動

先生
プールに飛び込んでいる人の絵を用意します。

先生:もうすぐ夏休みです。みなさんプールに行きますか。

生徒:はい、行きます。

先生:この絵を見てください。何をしていますか。

生徒:プールに入ります。

生徒:プールに飛びます。

先生:そうです。プールに飛びます、そして入ります。プールに飛び込みます

生徒:プールに飛び込みます

先生:プールに飛び込んでいいですか。

先生:いいえ、プールに飛び込んではいけません。

先生
いくつかの例文を示して、「込む」の接続は動詞のます形、ますの省略であることに気づかせましょう。

長い時間〜する/十分に〜する

先生
話している二人の絵を用意します。

先生:この絵を見てください。山田さんとトムさんです。何をしていますか。

生徒:話します。/話しています。

先生:そうです。二人は話します。1時間…2時間…話します。長いです。話し込みます

生徒:話し込みます

先生
時間を示したり、程度が変わっている絵を示したりして、「内部への移動」との用法の違いに気づかせましょう。

学習者がよくする文法「〜込む」の誤用例

先生
「込む」に接続できない動詞もありますから、練習で用いる例文はしっかり用意しましょう。

「込む」に接続できない動詞の例

・食べます(✕食べ込む) → 飲み込む

・言います(✕言い込む) → 話し込む

・歩きます(✕歩き込む) → 走り込むはOK

The following two tabs change content below.

日本語教師キャリア マガジン編集部

日本語教師キャリア マガジン編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。