【文法解説】日本語能力試験JLPT N3「~きる」例文・導入・誤用例も!

 

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験JLPT N3の文法「~きる」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~きる」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~きる」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

最後まで/完全に~する

〈英訳〉completely~
〈中国語訳〉~完

接続

Vます形(ます) + きる

JLPTレベル

日本語能力試験JLPT N3

該当文法が使わているテキスト

文法「~きる」とよく一緒に使われる単語

動詞

  • 数えます
  • 覚えます
  • 食べます
  • 疲れます
  • 飲みます
  • 走ります
  • やります

文法「~きる」を使った例文

  • 空には数えきれないほどの星があります。
  • 明日はテストだ・・・。単語を全部覚えきるのは難しそうだ。
  • こんなにたくさん食べきれません
  • 息子は運動会でたくさん走って、疲れきったようだ。
  • 彼女は1人で2リットルの牛乳を全部飲みりました。
  • マラソンを最後まで走りきった
  • 大きな仕事でしたが、やりきりました
  • レポートを書ききった
  • 彼女は最後まで全力で歌いきった
  • 彼は試合で全力を出しきって、優勝しました。

文法「~きる」を使った導入例

導入例1

先生
早口言葉について話します。難易度の高くない早口言葉を用意しておきましょう。

T:みなさん、「早口言葉」を知っていますか?

S:はい、知っています。/いいえ、知りません。

(早口言葉の意味を確認し、各国の早口言葉について話すなど、雰囲気作りをします。)

 

(早口言葉を提示して、)

T:Sさん、この早口言葉を読んでください。

S:(早口言葉を読む)

T:では、3回続けて読んでください。

S:(3回早口言葉を読む)

T:はい、頑張りました。

Sさんは早口言葉最後まで読みました。

Sさんは早口言葉を読みきりました。

(ホワイトボードに板書します)

 

T:「~きる」は「最後まで~します」という時、使います。

導入例2

先生
大盛りの料理の写真を準備しておきます。

T:みなさん、「大食い」という言葉を知っていますか?

S:はい、知っています。/いいえ、知りません。

(大食いについての話をするなど、雰囲気作りをしましょう。)

 

(写真を見せながら)

T:こんなにたくさんの料理です。Sさんは最後まで全部食べることができますか?

S:いいえ、できないと想います。

T:そうですね。こんなにたくさんありますから、

(ホワイトボードに板書します)

T:全部最後まで食べられません。

全部食べきれません

 

T:「~きる」は「最後まで~する」という時使います。「最後まで~できません」と言いたいときは「きれません」です。

「きりません」じゃありませんから、気をつけましょう。

学習者がよくする文法「~きる」の誤用例

先生
「きります」の否定形は「きれます」です。「きります」を使う学習者がいますが、実際の使用場面ではよく使うので、否定形についても例文を示し、導入し定着させましょう。

 

The following two tabs change content below.

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。