【文法解説】日本語能力試験JLPT N3「~じゃない?」例文・導入・よく間違う文法も!

 

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験JLPT N3の文法「~じゃない?」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~じゃない?」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~じゃない?」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

  • たぶん~だと思う / たぶん~だろう(推量)
  • 〜ではないですか。(確認)
  • 聞き手に対する驚きや非難

接続

V(普通形) + じゃない?
いA(普通形) + じゃない?
なA(普通形) + じゃない?
N + じゃない?

JLPTレベル

日本語能力試験 JLPT N3

該当文法が使わているテキスト

文法「~じゃない?」とよく一緒に使われる単語

動詞

  • 来ます
  • 遅れます
  • 食べます

い形容詞

  • おいしい
  • 高い
  • 早い

な形容詞

  • 有名な
  • 静かな
  • 暇な

文法「~じゃない?」を使った例文

  • パーティーには山田さんも来るんじゃない
  • あの人はいつも5分遅れるから、今日も遅れるんじゃない
  • 残ったピザは、後でお父さんが食べるんじゃない
  • もう少し砂糖を入れたほうがおいしいんじゃない
  • どうしてコンビニで野菜を買うの?スーパーより高いじゃない
  • 次の電車に乗ったほうが到着が早いんじゃない
  • 本当にこの俳優の名前を知らないの?日本でもアメリカでも有名じゃない
  • 図書館は2階のほうが静かじゃない
  • 日曜日なら、みんな暇なんじゃない

文法「~じゃない?」を使った導入例

導入例1 推量

先生
友達と待ち合わせをしている場面を設定します。

先生:Aさんは私の友達です。一緒に、Bさんを待っています。Bさんが来ません。

A:Bさん、遅いね。

先生:そうだね。Bさんは、いつも遅れるね。

A:はい。今日も遅れる?

先生:うん、今日も遅れるんじゃない?あ、誰か走っている。あれはBさんじゃない

A:あ、Bさんだ。

先生:Bさん、遅いじゃない

先生
ここで学習者に先生は何と言っていたか質問します。

先生:私は、Bさんは「今日もたぶん遅れる」と思いました。何と言いましたか。

学生:今日も遅れるんじゃない

先生:そうです。今日もたぶん遅れると思う。「今日も遅れるんじゃない?」

先生:私は走っている人を見ました。あれはBさんだと思います。Aさんに確認します。何と言いましたか。

学生:あれはBさんじゃない

先生:そうです。あれはBさん、そうだよね?「あれはBさんじゃない?」

先生:Bさんが来ました。私はBさんに何と言いましたか。

学生:遅いじゃない

先生:そうです。Bさんは遅いですね、私達は待っていましたから、残念です。「遅いじゃない。」

学習者がよく間違う似た文法

じゃない。(否定)

「私はアメリカ人じゃない。」のように否定を表す「じゃない」もあります。

その場合、語尾を下げて言いますが、落胆・避難の「じゃない」とは場面で判断する必要があります。

 

The following two tabs change content below.

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。