【文法解説】日本語能力試験JLPT N3「~ごとに」例文・導入・類似文法も!

 

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験JLPT N3の文法「~ごとに」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~ごとに」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~ごとに」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

~の度に/~単位で

〈英訳〉whenever~
〈中国語訳〉毎当~/毎次做~

接続

V辞書形 + ごとに
N + ごとに

JLPTレベル

日本語能力試験JLPT N3

文法「~ごとに」とよく一緒に使われる単語

名詞

  • 時間を表す言葉を使います。

文法「~ごとに」を使った例文

  • 彼女はカラオケに行くごとに、歌が上達している。
  • このスニーカーは歩くごとに光るので、子供は大喜びだ。
  • 彼はお酒を一口飲むごとに顔が赤くなっていく。
  • 彼の料理は作るごとにおいしくなっている。
  • オリンピックは4年ごとに開かれます。
  • アルバイトのシフトは1ヶ月ごとに決まります。
  • この学校は半年ごとに成績を決めるテストがあります。
  • 3日ごとに花に水をやります。
  • この画面は30分ごとに変わるそうです。
  • レジは3時間ごとに交替します。

文法「~ごとに」を使った導入例

導入例1

先生
学習者のアルバイトについて話をします。

T:みなさん、アルバイトをしていますか?

S:はい、しています。/いいえ、していません。

(どんなアルバイトをしているかなどを話し、雰囲気作りをします。その際にアルバイトをしている学生をチェックしておきましょう。)

T:Sさんはアルバイトをしていますね。

S:はい、しています。

T:アルバイトのシフトはずっと同じですか?何ヶ月で変わりますか?

S:1ヶ月で変わります。

 

(ホワイトボードに図で示せるとわかりやすいです。)

T:Sさんは1ヶ月このシフト、次の1ヶ月は別のシフト、また次の1ヶ月はまた別のシフトですね。

Sさんは1ヶ月ごとにシフトが変わります。

(ホワイトボードに板書します。)

先生
ホワイトボードに図を書いて示すとわかりやすく伝えることができます。

導入例2

先生
万華鏡を使って導入します。準備しておきましょう。

T:みなさん万華鏡を知っていますか?

S:はい、知っています。/いいえ、知りません。

(万華鏡を紹介し、雰囲気作りをします。)

 

(学生に万華鏡を渡し、見てもらいます。)

T:Sさん、万華鏡です。この穴から中を見てください。

S:(万華鏡を見る。)

T:では、回してください。

S:(万華鏡を見る。)

T:絵が変わりましたか?何度も回して、絵をよく見てください。絵が同じですか?

S:いいえ、違います。

T:万華鏡は回したら、いつも変わります。

万華鏡は回すごとに、変わります。

(ホワイトボードに板書します。)

 

(導入文を使って、接続を確認します。)

先生

名詞接続の文の方が動詞接続の文より意味が分かりやすいです。

名詞接続の導入を先に行い、意味を十分に理解させてから、動詞接続の文を導入しましょう。

学習者がよく間違う似た文法

~おきに

秒・分・時間に接続する場合、「ごとに」と「おきに」の意味は同じですが、「おきに」は日・週間・月・年に接続する場合、意味が変わります。

1週間ごとにレポートを提出します。・・・1週間に1回レポートを提出します。
1週間おきにレポートを提出します。・・・一回提出したら、1週間あけます。

【文法解説】日本語能力試験 JLPT N3「~おきに」例文・導入例・類似文法も!

2021/4/10

 

The following two tabs change content below.

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。