【文法解説】日本語能力試験JLPT N1「~た弾みに/~た拍子に」例文・使用例も!

 

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験JLPT N1の文法「~た弾みに/~た拍子に」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~た弾みに/~た拍子に」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~た弾みに/~た拍子に」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

「~た弾みに」「~た拍子に」は、前半で言うことがきっかけで、後半で言うことが「たまたま」「偶然」起こった、という意味です。「弾み」と「拍子」は、一瞬の勢いやきっかけを意味します。

人の不注意で起きたこと、意識せずに起きたことをいうときによく使います。

接続

Vた形+弾みに
Vた形+拍子に

JLPTレベル

日本語能力試験JLPT N1

文法「~た弾みに/~た拍子に」とよく一緒に使われる単語

動詞

  • 転ぶ
  • ぶつかる
  • 押す
  • 滑る
  • する

文法「~た弾みに/~た拍子に」を使った例文

  • ぶつかった弾みに、棚にあった花瓶が落ちてしまった。
  • 転んだ弾みに、足首をひねってしまった。
  • 笑った弾みに、歯が抜けているところが見えてしまった。
  • 後から押された弾みで、靴が脱げてしまった。
  • 手が滑った弾みで、変なボタンを押してしまった。
  • よろけた拍子に、隣の人の足を踏んでしまった。
  • 昔のことを、ふとした拍子に思い出す。
  • 高いところで作業をするときは気を付けてください。気を抜いた拍子に、落ちてしまうかもしれませんからね。
  • あの人は口が軽い。酒に酔った拍子に、人の秘密をほかの人にばらしてしまう。
  • 手に止まった蚊をたたいた拍子に、買ったばかりのグラスを落としてしまった。

文法「~た弾みに/~た拍子に」を使った使用例

使用例1

先生
美香が、友達の優子と話しています。優子は落ち込んでいるようです。

美香:優子、どうしたの?

優子:すっごく気に入って、ずっと使ってた花瓶があったんだけど…

美香:うん。

優子:昨日、疲れてて。よろけてテーブルにぶつかっちゃって。それで、ぶつかった弾みに、花瓶が落ちて割れちゃったの。

美香:うわぁ。怪我はしなかったの?

優子:怪我はしなかったんだけど…すごくかわいい花瓶だったのに。本当にショック。

先生
自分の不注意でぶつかってしまい、その結果偶然、花瓶が落ちる事故が起きてしまった、ということを説明します。優子は、「花瓶が落ちる」ことを意図していなかった、ということを確認します。

使用例2

先生
坂本さんと木村くんは、会社の同僚です。坂本さんがパソコンの前で困っています。

坂本:あれ、おかしいな。

木村:ん?どうかした?

坂本:なんか、突然数字が入力できなくなっちゃったのよ。

木村:どれどれ…ちょっと見せて。…はい。

坂本:あ!直った!ありがとう。でも、どうしてできなかったんだろう…

木村:たぶん、このボタン、押しちゃったんだと思うよ。

坂本:ええ?そんなところ、押したつもりないけど。

木村:ふとした弾みに、指がぶつかることってあるから。

坂本:ふ~んそうなんだ。覚えておくね。ありがとう。

先生
ここで学習者に、なぜ、坂本さんは、数字が入力できなかったのか、質問します。

生徒:ふとした弾みに、指がぶつかってしまったからです。

生徒:ふとした弾みに、指で押してしまったんだと思います。

先生
坂本さんは、そのボタンを押そうと思っていなかった、意識しないで、押してしまっていたのだ、ということを確認します。

学習者からよく聞かれる質問

「何かの弾みに」「何かの拍子に」

「~の弾みに」は、基本的には動詞と使いますが、「何かの弾みに/で」という慣用的な表現もあります。

  • 何かの弾みに、指がぶつかって、ボタンを押してしまったのかもしれない。
  • これは大切なものです。何かの弾みで、壊れてしまったら大変ですので、丁寧に梱包してください。
The following two tabs change content below.

日本語教師キャリア マガジン編集部

日本語教師キャリア マガジン編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。